1. モノレコ(MONORECO) ホーム
  2. ホビー
  3. ドローンおすすめ19選|プロによるランキングや気になる規制や免許についても紹介

ドローンおすすめ19選|プロによるランキングや気になる規制や免許についても紹介

26,744 view
  • シェア
    0
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
    0

目次アイコン目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
塚本 直樹
塚本 直樹
IT・宇宙・ドローンジャーナリスト
フリーランスとしてベルリンを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 海外フリーランスとしての新たな働き方を広めるべく活動中。

フリーランスとしてベルリンを中心にヨーロッパにて活動しつつ、日本でのラジオ出演やテレビ、雑誌での解説も。 海外フリーランスとしての新たな働き方を広めるべく活動中。

ドローンおすすめ一覧

今回の記事でご紹介するドローンはこちら!

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

ドローンおすすめ一覧の画像

今すぐおすすめドローンを見る

ドローンについて

ドローン(drone)とは人が搭乗しない航空機(無人航空機)のことで、軍事用に開発されたのが始まりです。おすすめのドローンをご紹介する前に、まずはドローンの種類や選び方について説明していきます。

ドローンの種類

子どもから大人まで楽しめるドローンは、大きく分けてローター(回転翼)の「形状」と「操縦方法」、「価格や性能」の3つに分けることができます。

【形状】

①ローター(回転翼)の数による分類
ローターの数が多ければ多いほど飛行時の安定性は高くなります。初めてドローンを購入する場合は、クアッドコプター以上がおすすめです。

種類ローター(回転翼)の枚数
トライコプター3枚
クアッドコプター4枚
ヘキサコプター6枚
オクトコプター8枚

②ローター(回転翼)の位置による分類
ローターが本体に対してどのような形で取り付けられているかで3つの種類に分類されます。
ちなみに、一番多く普及しているドローンは、本体を中心にX型にローターが取り付けられている「クアッドエックス」です。

種類ローターの位置
クアッドエックス型ローターが本体に対して✕型に取り付けられているタイプ。
ホビー用ドローンで一番多く見かける。
クアッドプラス型ローターが本体に対して+型に取り付けられているタイプ。
ヘリコプターの翼のような配置。
オクトエックス型上下に2枚ずつ計8枚のローターがX型に取り付けてあるタイプ。
クアッドエックスより安定性は増すが、ドローンの主流ではない。

【操縦方法】

ドローンの操縦方法によって大きく4つに分類されます。

種類操縦タイプ
ラジコン型プロポ(送信機)と呼ばれるコントローラーやスマートフォンのアプリを使って操縦するタイプ。
自律飛行型GPSを使ってプログラム通りに飛行するタイプ。
音声認識型音声認識で操縦するタイプ。
ジェスチャーコントロール型手のジェスチャーで操縦するタイプ。

注意アイコンラジコン型のプロポ(送信機)には主にモードが2つあります。「モード1」はラジコンなどの操作と同じ動きをし、「モード2」は右スティックで前進後進・左右移動、左スティックで上昇下降・旋回をし、海外製のドローンの主流となっています。

【価格や性能】

ドローンの価格や性能によって大きく3つに分類されます。

種類特徴
トイドローン低価格モデルが多く、初心者向け
空撮・趣味用ドローンハイスペックモデルが多く、ドローンの操縦を習得している中級~上級者向け
水中ドローン水中での撮影や釣りのサポート、測量や調査。

ドローンを選ぶ時のポイント

ドローンを選ぶポイントは大きく分けて3つあります。

①航空法の対象かどうか

日本でドローンを飛行させる場合、航空法の対象になるかならないかが大事なポイントとなります。航空法の対象となるドローンは、首都圏や市街地などの人口密集地では許可なく飛行させることができません。

そして、この飛行法の対象になるかどうかは「機体重量が200g以上かどうか」によって判断されます。つまり200g未満のドローンは周囲の安全に気を配れば、近所の空き地で飛行させてもOK。逆に200g以上のドローンは、人口密集地で飛行させる場合は専用の練習場などに行く必要があります。

②折り畳み式かどうか

現在、中級機種以上のドローンは「折り畳み式」を採用しているものが多くなっています。これはドローンのローターやアームを折りたたむことで、バッグなどに入る小さなサイズとなり、手軽に持ち運ぶことができるからです。

折り畳み式ではなく、高性能なドローンほどサイズが大きくなります。ホビー用途でドローンを飛行させるなら、折りたためるかどうかもドローン選びの重要なポイントです。

③操作機能性の高さ

安価に購入できる小型なドローンほど、風にあおられやすく操縦が難しいという側面があります。一方、操縦のしやすさは開発メーカーの技術力によっても左右されるのが現状です。

特にお子さんに遊ばせる場合には、できるだけ操縦しやすいドローンを選ぶことも大切です。

ドローンおすすめランキングTOP3【専門家が選ぶ!】

ドローンの種類や選び方が分かったところで、ドローンに詳しい塚本直樹さんがおすすめするドローン3機種をご紹介します。初心者から中級&上級者まで楽しめるラインナップです。

1

親子で遊べる初めてのドローン決定版

DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01

参考価格:10,450円(税込)
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像1出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像2出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像3出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像4出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像5出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像6出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像1
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像2
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像3
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像4
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像5
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像6
  • DJI(ディージェイアイ) / CP.PT.00000208.01の画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
10,450円(税込)
楽天市場
10,450円(税込)
Yahoo!
ショッピング
10,450円(税込)
説明アイコン

なぜこのドローンが選ばれたのか

初めてのドローンとして、まずおすすめしたいのがDJIが販売する「Tello」。Telloは重量がわずか80gと軽量なので航空法の対象となりません。ちょっと野外で飛ばしたい時に気軽に持ち出すことができ、親子で遊べる楽しいドローンです。

さらに簡単な操作で空中スワイプなど、さまざまなアクションが楽しめます。別売のスマートフォンVRヘッドセットを使えば、自分がパイロットになったような目線が楽しめる「FPV」が体験可能。また、プログラミングScratchを学ぶこともできます。

開発にはドローン最大手のDJIが関わっているため、操縦の精度や安定度も十分確保されています。

サイズ9.8×9.25×4.1cm
重量81.6g
稼働時間無風13分 (※15km/hの一定速度で飛行時)
2

小さくてもあなどれない性能の高さ

Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077

参考価格:14,200円(税込)
Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像1出典: Amazon
Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像2出典: Amazon
Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像3出典: Amazon
Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像4出典: Amazon
Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像5出典: Amazon
  • Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像1
  • Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像2
  • Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像3
  • Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像4
  • Parrot(パロット) / MAMBO MISSION PF727077の画像5
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
14,200円(税込)
説明アイコン

なぜこのドローンが選ばれたのか

フランスのドローンメーカーParrotが販売する「Mamboシリーズ」もドローン初心者におすすめしたい1台。こちらも航空法の対象とならない小型・軽量ドローン。物を掴むグラバーやボールを発射するキャノンを搭載し、小さくてもあなどれない性能の高さ。ただ飛ばすだけでなく、ゲーム的な楽しみ方で家族や友達と盛り上がれます。

Parrotはドローン開発では老舗のメーカーなので、その操縦のしやすさには定評があります。またコントローラーが付属するので、直感的な操作が楽しめます。

サイズ18×18cm/7.1x7.1インチ(バンパー込み)
重量63g
稼働時間10分(※アクセサリー・バンパーを接続していない時)
3

気軽に持ち運べる本格派ドローン

DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイト

参考価格:105,820円(税込)
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像1出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像2出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像3出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像4出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像5出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像6出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像7出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像8出典: Yahoo!ショッピング
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像1
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像2
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像3
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像4
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像5
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像6
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像7
  • DJI(ディージェイアイ) / アークティックホワイトの画像8
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
105,820円(税込)
楽天市場
129,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
130,557円(税込)
説明アイコン

なぜこのドローンが選ばれたのか

本格的な機能を備えたドローンを気軽に持ち運びたい方におすすめしたいのがDJIの「Mavic Air」です。「Mavic Air」は折りたたみ式のドローンのため、アームとローターを折りたたむことで、小さなキャリングポーチに入れて持ち運ぶことができます。

また、スマートフォンを挿入するコントローラーもコンパクトに変形可能。本体にはカメラのブレを防ぐ「3軸ジンバル」経由で3200万画素カメラを搭載しているので、4K解像度での美しい動画やHDR写真が撮影できます。上位機種ならではの本格的な飛行性能も「Mavic Air」の魅力です。

サイズたたんだ状態16.8×8.3×4.9cm、たたんでいない状態16.8×18.4×6.4cm
重量430g
稼働時間(無風)21分(※25 km/hの一定速度で飛行時)

ドローンおすすめ3選|カメラ機能なしトイドローン

それでは次に、編集部おすすめのドローンを価格や性能別にご紹介します。
まずは5000円前後から2万円ほどの間で、子どもから大人まで手軽に楽しめる機種があるトイドローンから。カメラ機能の有無によって操作性や価格が
違ってきますので、最初にカメラ機能のない初心者向けトイドローンのおすすめをご紹介します。

▶トイドローン(カメラ機能なし)はこんな人に向いています。
☑手ごろな価格のドローンを探している。
☑小型で軽量のドローンがほしい。
☑練習用のサブ機として使いたい。
☑個性的な機体を探している。
☑子どもと一緒に使いたい。

▶向かない人
☑ハイスペックモデルを使いたい。
☑空撮をしたい。

アンダー5,000円の激安ドローン

Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170

参考価格:4,180円(税込)
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像1出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像2出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像3出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像4出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像5出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像6出典: Yahoo!ショッピング
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像7出典: 楽天市場
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像8出典: 楽天市場
Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像9出典: 楽天市場
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像1
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像2
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像3
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像4
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像5
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像6
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像7
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像8
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の画像9
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
4,180円(税込)
楽天市場
5,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,630円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

ドローン初心者の練習用に最適のモデル。高度維持機能はないため、ドローン操作の習得になります。低価格で子どもから大人まで気軽に楽しめるのも魅力的。

Holy Stone(ホーリーストーン) / ミニドローン HS170の口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズ13.5x13.5x4cm
重量42g
稼働時間6~8分

最高時速80km/h越えのドローン

DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3

参考価格:5,999円(税込)
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像1出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像2出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像3出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像4出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像5出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像6出典: Amazon
DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像1
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像2
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像3
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像4
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像5
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像6
  • DBPOWER(ディービーパワー) / BUGS3の画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
5,999円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,509円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

レーシングドローンの入門機。ドローンの操作に慣れた初心者がnext stepを目指す機種としておすすめです。ドローンの本体重量が200g以上あるので航空法の規制対象になります。

サイズ44×44×14.5cm
重量480g
稼働時間18分

低価格で大人が楽しめるドローン

BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローン

参考価格:5,980円(税込)
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像1出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像2出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像3出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像4出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像5出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像6出典: Amazon
BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像1
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像2
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像3
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像4
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像5
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像6
  • BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
6,566円(税込)
楽天市場
5,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,500円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

ホバリングが難しいが、ドローン操作に慣れてきた人にとっては操作が楽しい機種。トイドローンとはいえ回転しているプロペラは当たると痛いので、子どもだけでの操作は避けて必ず大人と一緒に操作を行うようにしましょう。

BANDAI(バンダイ) / ピカちんキットS06 ピカちんドローンの口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズ12.5x4.5cm
重量約80g
稼働時間4分

ドローンおすすめ4選|カメラ機能つきトイドローン

次にカメラ機能付きトイドローンのおすすめをご紹介していきます。

▶トイドローン(カメラ機能付き)はこんな人に向いています。
☑カメラ付きの手ごろな価格のドローンを探している。
☑小型のドローンがほしい。
☑練習用のサブ機として使いたい。
☑子どもと一緒に使いたい。

▶向かない人
☑ハイスペックモデルを使いたい。
☑高解像度で滑らかな空撮をしたい。
☑撮影や測量など仕事で使いたい。

室内でも屋外でも家族で楽しめる

Potensic(ポテンシック) / ドローン A20W

参考価格:4,848円(税込)
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像1出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像2出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像3出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像4出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像5出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像6出典: Amazon
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像7出典: Yahoo!ショッピング
Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像8出典: 楽天市場
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像1
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像2
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像3
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像4
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像5
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像6
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像7
  • Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの画像8
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
4,848円(税込)
楽天市場
9,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,315円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

スマホから映像を見ながら操縦が可能。VRゴーグルを使えば迫力の映像視聴も。室内でも屋外でも飛行でき、子どもも簡単に飛ばせて家族で楽しめる入門機。

Potensic(ポテンシック) / ドローン A20Wの口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズ9.1x8.0x3.18cm
重量24g
稼働時間5~6分

200万画素のクワッドコプター

G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1

参考価格:8,573円(税込)
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像1出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像2出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像3出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像4出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像5出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像6出典: Amazon
G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像1
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像2
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像3
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像4
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像5
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像6
  • G-Force(ジーフォース) / X4HD H107C-1の画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
9,499円(税込)
楽天市場
8,573円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,928円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

200万画素のHDカメラ搭載したインドアクワッドコプター。室内フライト用のローターガードが付属されているので、壁や障害物からローターを守ることができます。

サイズ8.3×8.4×3.3cm(ローターを除く)
重量51g
稼働時間6分

手軽に空撮!720P HDカメラ付き

DROCON(ドロコン) / ドローン ヘッドレスモード X708W

参考価格:5,360円(税込)
DROCON(ドロコン) / ドローン ヘッドレスモード X708Wの画像1出典: Amazon
  • DROCON(ドロコン) / ドローン ヘッドレスモード X708Wの画像1
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
5,360円(税込)
楽天市場
9,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
9,257円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

高精細度映像の撮影が可能の720p HDカメラ搭載。別売りのVRヘッドセットとアプリを使えば非日常の3D VR体験も。ワンキーリターンを押せば機体は操縦者の方に戻ってくるため初心者も安心。

DROCON(ドロコン) / ドローン ヘッドレスモード X708Wの口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズ31.5x31.5x6cm
重量0.5ポンド(約227g)
稼働時間8分

2.4Kカメラ搭載の手のひらサイズ

DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボ

参考価格:4,290円(税込)
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像1出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像2出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像3出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像4出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像5出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像6出典: Amazon
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像1
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像2
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像3
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像4
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像5
  • DJI(ディージェイアイ) / Spark Fly More コンボの画像6
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
131,340円(税込)
楽天市場
4,290円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

2.4Kカメラ搭載の手のひらサイズのミニドローン。手の動きでドローンを操作できるジェスチャーコントロール機能付き。簡単な飛行やセルフィー撮影、離着陸が手の動きだけで行えます。
※機体重量が300gあるので航空法規制の対象となります。

サイズ14.3×14.3×5.5cm
重量300g
稼働時間16分

ドローンおすすめ2選|室内練習用空撮・趣味用ドローン

ドローン操作に慣れた中級&上級者の方は、操作性のスキルアップや空撮技術の習得を目標にされている方も多いのではないでしょうか。そこで、まずは室内で練習できる2機種をご紹介します。

16.5gのナノサイズのドローン

Blade(ブレード) / Nano QX RTF

参考価格:14,660円(税込)
Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像1出典: Amazon
Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像2出典: Amazon
Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像3出典: Amazon
Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像4出典: Amazon
Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像5出典: Yahoo!ショッピング
  • Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像1
  • Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像2
  • Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像3
  • Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像4
  • Blade(ブレード) / Nano QX RTFの画像5
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
14,660円(税込)
Yahoo!
ショッピング
27,400円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

手のひらサイズの超軽量コンパクトドローン。機体重量が16.5gしかないため風の影響を受けやすく屋外での飛行には向かない。操作性が問われるため室内練習用として最適の機種。

サイズ1.97×5.5in(5×1.4cm)
重量0.58oz(約16.5g)
稼働時間

ARゲームで仲間と遊べるドローン

DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01

参考価格:1,168円(税込)
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像1出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像2出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像3出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像4出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像5出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像6出典: Amazon
DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像1
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像2
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像3
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像4
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像5
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像6
  • DRONE STAR(ドローンスター) / 01 DS01の画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
9,520円(税込)
楽天市場
1,168円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,088円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

ARゲームができるミニドローン。友達とスコアを競って遊べるアプリがあるので、遊びながら技術力を上げることができます。操縦はモード1、モード2の両方に対応。

サイズ4.5×4.5×2.8cm
重量18g
稼働時間4~5分

ドローンおすすめ3選|高性能カメラつき空撮・趣味用ドローン

より高度な操作が必要とされ、高解像度でダイナミックな撮影が可能なのが空撮・趣味用のドローン。トイドローンに比べて高額になりますが、多彩な機能があり、中級・上級者向けのモデルが多数あります。それではおすすめのドローンをご紹介していきます。

空撮もレーシングも両方楽しめる

Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230

参考価格:16,805円(税込)
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像1出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像2出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像3出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像4出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像5出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像6出典: Amazon
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像7出典: Yahoo!ショッピング
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像8出典: 楽天市場
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像9出典: 楽天市場
Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像10出典: 楽天市場
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像1
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像2
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像3
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像4
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像5
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像6
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像7
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像8
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像9
  • Holy Stone(ホーリーストーン) / HS230の画像10
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
19,990円(税込)
楽天市場
19,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
16,805円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

より高度な空撮をしたい人に。プロペラガードがないので初心者には向かず、中級以上の方におすすめです。モニター付きなのでスマホがなくても使うことができます。最高速度は45km/hと本格的なレーシングドローンとしてもおすすめです。

サイズ26×26×6.5cm
重量117g
稼働時間9分

Hasselbladカメラを搭載

DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Pro

参考価格:165,000円(税込)
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像1出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像2出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像3出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像4出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像5出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像6出典: Amazon
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像7出典: Yahoo!ショッピング
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像8出典: 楽天市場
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像9出典: 楽天市場
DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像10出典: 楽天市場
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像1
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像2
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像3
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像4
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像5
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像6
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像7
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像8
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像9
  • DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの画像10
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
187,000円(税込)
楽天市場
165,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
187,000円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

1インチCMOSセンサーのHasselbladカメラを搭載しているこちらは、色彩の細部まで忠実に再現できる空撮映像を撮影できます。DJIドローン史上初となる全方向障害物検知を搭載し、飛行中の安全性が大幅に向上。

DJI(ディージェイアイ) / Mavic 2 Proの口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズたたんでいない状態 32.2×24.2×8.4cm
重量907g
稼働時間31分

180度のチルトジンバルが可能に

Parrot(パロット) / ANAFI PF728005

参考価格:82,000円(税込)
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像1出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像2出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像3出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像4出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像5出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像6出典: Amazon
Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像7出典: Yahoo!ショッピング
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像1
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像2
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像3
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像4
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像5
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像6
  • Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の画像7
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
82,000円(税込)
楽天市場
83,350円(税込)
Yahoo!
ショッピング
93,500円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

フランスのドローンメーカーParrotが2018年8月に出したモデル。機体に軽量のカーボン混合フレームを使用しているため軽量且つ頑丈、折りたためばさらにコンパクトに。Sonyの4K HDRカメラを搭載し、真上にカメラを向けることができる180度チルトジンバル機能付き。

Parrot(パロット) / ANAFI PF728005の口コミ・評判を見る矢印アイコン
サイズ収納時: 24.4x6.7x6.5cm/飛行時: 17.5x24x6.5cm
重量320g
稼働時間25分

ドローンおすすめ4選|水中ドローン

空撮やレーシングなどを楽しむ一般的な「ドローン」ほかに、水中で撮影ができたり、魚群探知機を搭載している「水中ドローン」もあります。ここでは海や川でのレジャーや、釣り、ダイビングにおすすめの機種をご紹介します。

水中での自撮り用に最適

ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)

参考価格:91,080円(税込)
ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像1出典: Amazon
ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像2出典: Amazon
ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像3出典: Amazon
ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像4出典: Yahoo!ショッピング
  • ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像1
  • ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像2
  • ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像3
  • ROBOSEA(ロボシー) / BIKI(ビキ)の画像4
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
91,080円(税込)
Yahoo!
ショッピング
136,620円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

4K HDカメラ付き水中ドローン。水中での操縦可能距離は10mなので、自撮り用として使うのがベター。赤外線により30cm以内の障害物を感知して自動で避ける機能付き。また、内蔵GPSでコントロールを失った場合も自動的にベースに戻る帰還機能も付いています。

サイズ27.2x18.1x11cm
重量1.2kg
稼働時間90~120分

自動追尾機能搭載で広範囲に操作可能

Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACE

参考価格:165,000円(税込)
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像1出典: Amazon
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像2出典: Amazon
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像3出典: Amazon
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像4出典: Amazon
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像5出典: Amazon
Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像6出典: Yahoo!ショッピング
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像1
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像2
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像3
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像4
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像5
  • Youcan Robot(ユーキャンロボット) / BW SPACEの画像6
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
165,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
182,500円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

自動でターゲットを追尾できる便利な自動追尾機能付き。潜水深度は100m、操縦範囲は150mと広範囲での操作が可能なので、海中を探検するのにおすすめのモデルです。大容量バッテリー搭載で最大7時間の使用が可能。

サイズ52x39x14cm
重量4.6kg
稼働時間3~4時間(連続使用)、5~7時間(通常使用)

釣りと好相性の魚群探知機搭載

PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)

参考価格:85,656円(税込)
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像1出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像2出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像3出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像4出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像5出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像6出典: Amazon
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像7出典: Yahoo!ショッピング
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像8出典: 楽天市場
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像9出典: 楽天市場
PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像10出典: 楽天市場
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像1
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像2
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像3
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像4
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像5
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像6
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像7
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像8
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像9
  • PowerVision(パワービジョン) / PowerRay PRE10(J)の画像10
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
85,656円(税込)
楽天市場
88,611円(税込)
Yahoo!
ショッピング
201,667円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

4K HDカメラ搭載。最大潜水深度30m、最長連続航行時間4時間。魚が近づいてくるとアラームで知らせてくれる魚群探知機を搭載しているため、釣りをする人におすすめです。専用のVRゴーグルを使用すればダイビングをしているような体験も。

サイズ46.5x27x12.6cm
重量3.8kg
稼働時間4時間(低速)、1.5時間(中速)、0.5時間(高速)

海や川のダイビングやレジャーに

CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINI

参考価格:154,700円(税込)
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像1出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像2出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像3出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像4出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像5出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像6出典: Amazon
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像7出典: Yahoo!ショッピング
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像8出典: 楽天市場
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像9出典: 楽天市場
CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像10出典: 楽天市場
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像1
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像2
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像3
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像4
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像5
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像6
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像7
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像8
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像9
  • CHASING INNOVATION(チェイシングイノベーション) / グラディウス GLADIUS MINIの画像10
カートアイコンこのドローンの詳細を見る
Amazon
187,000円(税込)
楽天市場
154,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
171,926円(税込)
説明アイコン

このドローンの説明

4K Ultra HDカメラ搭載。最大潜水深度30m、最長連続航行時間4時間、最大巡行速度1.5m/s(静水中)。最大仰俯角±45°の幅で傾き(チルト)を任意に設定し、潜航と浮上が可能。オプション(別売)のケーブルで航行距離を延長できるのでダイビング中の撮影も可能。

サイズ38.5x22.6x13.8cm
重量2.5kg
稼働時間1.5~2時間

ドローンを使用する前に…

平成27年12月10日より、ドローンを飛行させる際の基本的なルールが航空法において義務化されています。もし違反すると50万円以下の罰金が科せられますので注意してください。

また、ドローンを飛行させる場所によっては国土交通省の航空局保安部に事前申請をする必要がありますので、屋外飛行の際には予め飛行場所を確認しておきましょう。

ドローン規制について

「航空法」における無人航空機の定義「人が乗ることができない飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」にドローンは該当しますので、法律による規制を守らなければなりません。
※ただし、重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)が200g未満のものは、無人航空機ではなく「模型航空機」に分類されますので、無人飛行機の飛行に関するルールは適用されません。

一般的にドローン規制と呼ばれる、ドローン飛行の基本的なルール「航空法の一部を改正する法律」(略して「改正航空法」)の概要は以下の通りです。

ドローン飛行可能空域説明

飛行の禁止空域は上記(A)~(C)が該当し、これらの空域でドローンを飛行させる場合には、国土交通大臣の許可を受ける必要があります。
(※屋内で飛行させる場合は不要)
尚、自身の私有地であっても(A)~(C)の空域に該当する場合は国土交通大臣の許可を受ける必要があります。

飛行させる場所に関わらず、ドローン飛行の際には以下6つのルールを守ってください。

  • 日中(日出から日没まで)に飛行させること
  • 目視(直接肉眼による)範囲内で無人航空機とその周囲を常時監視して飛行させること
  • 人(第三者)又は物件(第三者の建物、自動車など)との間に30m以上の距離を保って飛行させること
  • 祭礼、縁日など多数の人が集まる催しの上空で飛行させないこと
  • 爆発物など危険物を輸送しないこと
  • 無人航空機から物を投下しないこと

飛行許可申請とは?

下記6つのどれかいずれかを行う場合は、国土交通省に事前に申請する必要があります。

  • 夜間飛行
  • 目視外飛行
  • 30m未満の飛行
  • イベント上空飛行
  • 危険物輸送
  • 物件投下

※事故や災害時の国・地方公共団体等による捜索・救助が目的の場合は適用除外となります。
※違反した場合は50万円以下の罰金が科せられます。


許可・申請方法の詳細は国土交通省のホームページをご参照ください。

ドローン免許は必要?

ドローンは車と違って免許がいりません。「ドローン免許」と呼ばれるものは、民間の団体が管理している資格のことです。国土交通省が認定しているわけではないので注意してください。

※ただし、FPVゴーグルを使ってドローンを飛ばす際に、映像伝送に使う電波が電波法の規制対象になる場合がありますので、その際は「アマチュア無線免許」が必要になります。正規品ドローンは総務省によって技適マークが貼られ、電波法の規制対象外ですのでご安心を。

趣味やレジャーでドローンを飛行させる際にドローン免許がいるわけでありませんし、ドローン免許がなく飛行させたから罰金が科されることもありません。航空法に基づくルールを守って飛行を楽しんでください。

ドローンをより楽しむために

ドローンを少しでも長く使い、より楽しむために下記のことに気を付けてください。

  • 改正航空法を遵守する。
  • 悪天候では操縦せず安全を心がける。
  • 充電池や予備バッテリーを携帯する。
  • 障害物のある場所ではドローンを飛ばさない。
  • 使用前後のメンテナンスを欠かさない。

まとめ

初心者向けのお手頃価格のものからハイスペックドローンまでご紹介させていただきましたが、気になる機種はありましたか?

現在、世界中でドローンの需要が高まってるため、ドローン市場はさらに成長拡大していくと予測されています。日本においてもドローンがより身近な存在になる日も近いかもしれませんね。
ドローンは便利で楽しいガジェットですので、ルールを遵守して正しく使ってください。



▶アクションカメラの代名詞「GoPro」についてはこちらから!

GoProの魅力を徹底調査!公式カメラマンおすすめ使い方や綺麗に撮るコツも紹介
GoProの魅力を徹底調査!公式カメラマンおすすめ使い方や綺麗に撮るコツも紹介
InstagramやFacebook、TwitterといったSNSが世界中で浸透し、SNS映えする動画や写真を撮って投稿したいと思う人が増えてきました。そんな人たちにとって、手軽にSNS映えする写真や動画が撮れるアクションカメラは非常に便利なツール。 そこで今回はアクションカメラの代表格「GoPro」についてご紹介します。GoPro公式カメラマンがおすすめする楽しい使い方や綺麗に撮るコツもご紹介!
なかやま
この記事のライター
なかやま
世の中にあふれるモノや情報にアンテナを張り巡らせ、心も生活も豊かになりたい、美容も健康も手に入れたいと欲張りな願望を抱いている不届き者。ワークアウトが趣味で、基本的に"まごわやさしい"食生活だが珈琲は欠かせない。好きな映画は「The Godfather Part II 」。

世の中にあふれるモノや情報にアンテナを張り巡らせ、心も生活も豊かになりたい、美容も健康も手に入れたいと欲張りな願望を抱いている不届き者。ワークアウトが趣味で、基本的に"まごわやさしい"食生活だが珈琲は欠かせない。好きな映画は「The Godfather Part II 」。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
  • シェア
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
モノレコをフォローして
最新記事を受け取ろう!
↓↓

あわせて読みたい

ホビーの新着記事

観葉植物おすすめ20選|インテリアに映えるおしゃれな種類や選び方を専門家が紹介
観葉植物おすすめ20選|インテリアに映えるおしゃれな種類や選び方を専門家が紹介
ゲーミングPCおすすめ25選|eアスリートによるジャンル別ランキング【選び方も】
ゲーミングPCおすすめ25選|eアスリートによるジャンル別ランキング【選び方も】
けん玉おすすめ15選|けん玉師が選び方や上達するコツやおすすめの技を紹介
けん玉おすすめ15選|けん玉師が選び方や上達するコツやおすすめの技を紹介

ホビーの人気記事ランキング

おとなの塗り絵おすすめ16選!初心者もどっぷりハマる塗り絵の魅力&効果をご紹介1
おとなの塗り絵おすすめ16選!初心者もどっぷりハマる塗り絵の魅力&効果をご紹介
ドローンおすすめ19選|プロによるランキングや気になる規制や免許についても紹介2
ドローンおすすめ19選|プロによるランキングや気になる規制や免許についても紹介
けん玉おすすめ15選|けん玉師が選び方や上達するコツやおすすめの技を紹介3
けん玉おすすめ15選|けん玉師が選び方や上達するコツやおすすめの技を紹介

新着記事

洗剤おすすめ19選|口コミ1位は?種類別人気ランキング付き【2019年版】
洗剤おすすめ19選|口コミ1位は?種類別人気ランキング付き【2019年版】
日用品・生活雑貨
乳酸菌シャンプー・JOEARO(ジョアーロ)って?パサつきや広がりに悩んだらコレ!
乳酸菌シャンプー・JOEARO(ジョアーロ)って?パサつきや広がりに悩んだらコレ!
ビューティー
水筒おすすめ20選|保温・保冷最強ランキング【編集部の比較検証付き】
水筒おすすめ20選|保温・保冷最強ランキング【編集部の比較検証付き】
キッチン用品・キッチン家電

人気記事ランキング

ファンデーション【40代向け】おすすめ26選|悩みランキングや2019新作を紹介1
ファンデーション【40代向け】おすすめ26選|悩みランキングや2019新作を紹介
ビューティー
スチームアイロンおすすめ16選【編集部で実際に試しました!】2
スチームアイロンおすすめ16選【編集部で実際に試しました!】
生活家電
柔軟剤おすすめ人気ランキングTOP15|編集部が厳選したタイプ・悩み別も【2019】3
柔軟剤おすすめ人気ランキングTOP15|編集部が厳選したタイプ・悩み別も【2019】
日用品・生活雑貨
お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。