1. モノレコ(MONORECO) ホーム
  2. PC・スマホ・通信機器
  3. テレビスピーカーおすすめ15選|オーディオライターが用途別にランキングで紹介

テレビスピーカーおすすめ15選|オーディオライターが用途別にランキングで紹介

4,363 view
  • シェア
    0
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
    0

目次アイコン目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
折原 一也
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家
1979年生まれ。PC系出版社編集職を経てA&V専門誌、モノ雑誌、Webで活動するオーディオ&ビジュアルライターに転身。A&V製品は実機検証による高品質なものを中心とし、デザインやライフスタイル志向を取り入れたプロダクトも幅広く評価している。2009年よりオーディオ・ビジュアル機器のアワード「VGP」の審査員も務める。

1979年生まれ。PC系出版社編集職を経てA&V専門誌、モノ雑誌、Webで活動するオーディオ&ビジュアルライターに転身。A&V製品は実機検証による高品質なものを中心とし、デザインやライフスタイル志向を取り入れたプロダクトも幅広く評価している。2009年よりオーディオ・ビジュアル機器のアワード「VGP」の審査員も務める。

テレビスピーカーとは?

テレビスピーカーの画像

テレビスピーカーはサウンドバーとも呼ばれ、音質を良くするために使われます

薄型テレビはスピーカーを内蔵できないため、音質があまりよくないことがあります。

そのため、まるでその場にいるかのような音体験を味わうことができるライブ映像や音楽番組を楽しんだり、DVDやブルーレイなどで高音質で映画を見るとき、臨場感のあるスポーツ観戦やゲームを楽しむために使います。

テレビスピーカー選び方のポイント

テレビスピーカーにもさまざまな種類があり、使用用途別に選ぶ必要があります。
オーディオの専門家である折原さんにテレビスピーカーを選ぶ際のポイントを教えてもらいました。

①使用用途

サウンドバーとも呼ばれるテレビスピーカーを購入する動機は、ほとんどの人がテレビ番組、DVDやブルーレイ、ゲームなどを高音質・大迫力で鑑賞する目的でしょう。

なかでもテレビスピーカーは、DVDや映像配信などの映画や家庭用ゲームに使うことで実力を発揮できます。それらは5.1chサラウンドで制作されているので音の広がりによる臨場感やパワフルな重低音を体感できます。

特に最新の機種では映画館でも導入が進んでいる立体音響技術「ドルビーアトモス」に対応しており、3次元に広がる音空間を家庭で再現できます。

コメントアイコン専門家のコメント
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家

テレビ放送や配信で鑑賞するスポーツや音楽には5.1chサラウンドの番組があまりないのですが、それでもテレビスピーカーを使うことで高音質を体験することができます。

また、「スポーツモード」を搭載した機種ではスタジアムの歓声を再現したり、音楽本来の音バランスを表現できる「ミュージックモード」を搭載したテレビスピーカーもあります。

②チャンネル数

テレビスピーカーは上位機種ほど内蔵するスピーカーのチャンネルが多いのが特徴です。

前方、左右2箇所とサブウーファーを組み合わせた2.1chや、真正面にスピーカーを追加した3.1ch、高級な5.1chを採用した製品などがあります。

スピーカーのチャンネル数を増やすことによって、映画のセリフやニュース番組のアナウンサーの声など重要な音をより高音質に聞き取りやすくなるといったメリットがあります。

コメントアイコン専門家のコメント
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家

映画のサラウンドは以前から5.1chサラウンドで制作されているので、チャンネル数が多いものを使うことにより映画の音響を仮想的に再現できますよ。

③サブウーファー数

テレビスピーカーで重低音を再生するサブウーファーは2パターンに分かれます。

1つ目は、テレビスピーカーにウーファーを内蔵している一体型。スペースは小さいですが、ウーファーのユニット数を増やしているので迫力を増やしています。

2つ目は、別筐体のワイヤレスサブウーファー。別体型のサブウーファーは直径100ミリ以上の大型ユニット1基で十分な重低音を再生できます。

サブウーファーの中には、より迫力を出したり、振動をキャンセルするダブルウーファーにしている機種もあります。

コメントアイコン専門家のコメント
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家

日本の住宅環境では空気を震わせて部屋の床まで振動させるような重低音を出すと、近隣への騒音につながってしまうこともあります。

サブウーファーの音量を個別に調整できる機種をおすすめします。

④サイズ

テレビスピーカーにとって、サイズはある意味で最も重要なスペックと言えるかもしれません。

テレビスピーカーはテレビ台の上に置くものなので、台の幅、テレビと合わせて台の奥行きに収まらなくてはいけません

また、背の高いテレビスピーカーではテレビ画面やリモコン受光部が隠れてしまうので、背の低さも重要です。

コメントアイコン専門家のコメント
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家

テレビスピーカーは本来、テレビ台の上という限られたスペースのなかで高音質のサウンドとサラウンドを再現する、省スペース性を追求して生まれたものなのです。

価格面では小型の製品ほど、またサブウーファーの付属しない製品の方がお手頃です。設置スペースの限られている人も選びやすいでしょう。

一方、高音質という面では、やはり本体のサイズが大きく、サブウーファーも付属するタイプほど有利です。

設置スペースと予算に余裕があるなら、できるだけ大型のタイプを選んだ方が良いでしょう。

⑤機能

テレビスピーカーと聞くとテレビ放送や映画の音を聞くものと考えがちですが、現在ではすべてのブランドでBluetoothのワイヤレス規格に対応していてスマホの音楽や動画の音声も再生できます。

コメントアイコン専門家のコメント
折原 一也
オーディオ・ビジュアルライター/AV評論家

Wi-Fiを搭載した機種では定額聴き放題の音楽サービスも利用できるため、高音質な音楽を聞くというのが近年のテレビスピーカーのトレンドになっています。

テレビスピーカーおすすめ15選|用途別にランキングで紹介

ここからは選び方のポイントを踏まえて、折原さんに「高音質」「立体音響対応」「省スペースに最適」「コスパ抜群」「Wi-Fi 内臓」といったジャンルに分けて、おすすめのテレビスピーカーを3つずつ紹介してもらいます。

テレビスピーカーおすすめランキングTOP3【高音質】

テレビスピーカーはそもそも音質を補うためのもの。高音質のものを選ぶことにより、音域が広がり臨場感のあるサウンドになります。

ここでは高音質のテレビスピーカーをご紹介します。

1

ホームシアター並の臨場感を楽しめる

SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000

参考価格:155,000円(税込)
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000出典: Amazon
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-ST5000
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
159,671円(税込)
楽天市場
155,000円(税込)
Yahoo!
ショッピング
159,670円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

7.1.2chのサラウンド機能と合計800Wの出力でテレビスピーカーとしては規格外のパワフルさ、高音質そして立体音響を持ち合わせています。ハイレゾ再生に対応しており高音質のワイヤレスコーデック「LDAC」にも対応しています。

また、SONY独自の「波面制御技術」により本格的なホームシアターに匹敵する臨場感を出すことができます。

SONYのテレビ「BRAVIA(ブラビア)」と調和するシンプルなデザインも特徴的です。

サイズW1180×H80×D145mm
重さ8.8kg
チャンネル数7.1.2ch
サブウーファー数1
2

家でコンサートホールの臨場感を体感

Panasonic(パナソニック) / 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900

参考価格:91,600円(税込)
Panasonic(パナソニック) / 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900出典: Yahoo!ショッピング
  • Panasonic(パナソニック) / 4K HDRパススルー対応 シアターバー SC-HTB900
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
楽天市場
91,600円(税込)
Yahoo!
ショッピング
109,868円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

実用最大出力は505Wで音質にこだわっており、高級オーディオブランドの「Tuned by Technics」仕様。さらにハイレゾ再生にも対応。

ベルリン・フィルの本拠地「フィルハーモニー」の音場を忠実に再現した「ベルリン・フィルハーモニー・ホール・モード」により、まるで世界最高クラスのコンサートホールにいるような感覚を味わうことができます。

また、インターネットラジオや音楽配信サービスを楽しめる「Chromecast built-in」に対応しているため、スマートフォンからの操作でコンテンツをストリーミング再生できます。

サイズW1050×H78×D129mm
重さ約6.0kg
チャンネル数3.1ch
サブウーファー数1
3

部屋に合わせてサウンドを最適化

Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700

参考価格:90,420円(税込)
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700出典: Amazon
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700出典: Amazon
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700出典: Amazon
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 700
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
90,505円(税込)
楽天市場
90,420円(税込)
Yahoo!
ショッピング
91,210円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

見た目のすっきりとしたラインが特徴的で、サウンドだけでなく外観も魅力的です。ボーズの自動音場補正によって、部屋の特性に合わせてサウンドを最適化。高音質で立体感のある音響体験を実現。

また、音声アシスタント機能の「Amazon Alexa」を搭載しており、話しかけるだけで音楽配信サービスへアクセスしたり、ニュースや天気予報も確認できます。

サイズW97.8×H5.72×D10.8cm
重さ4.76kg
チャンネル数-
サブウーファー数-

テレビスピーカーおすすめランキングTOP3【立体音響対応】

通常、音の立体感を表現するためには複数のスピーカーを用いて様々な方向から音を出す必要があります。しかし、立体音響対応のテレビスピーカーを用いることによってスピーカー1台で音の立体感を表現することができます。

ここではライブ映像や映画鑑賞などにおすすめの立体音響対応のテレビスピーカをご紹介します。

1

立体音響の最上級の機能を凝縮

SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X9000F

参考価格:48,800円(税込)
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X9000F出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X9000F出典: Amazon
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X9000F
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X9000F
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
48,800円(税込)
楽天市場
50,452円(税込)
Yahoo!
ショッピング
59,213円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

業界標準の「ドルビーアトモス」に対応しており、全方位から音に包まれるリアルな音響空間を楽しめます。

SONY独自の技術で、高さ方向の表現を加える「Vertical Surround Engine」と前後左右方向の表現を加える「S-Force Pro Front Surround」を搭載し、立体音響の最上級の機能を凝縮。スポーツやゲームでも高さ方向の臨場感を再現する機能を備えています。

サイズW930×H58×D85mm
重さ2.5kg
チャンネル数2.1ch
サブウーファー数1
2

バーチャル3Dサラウンド搭載

YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209

参考価格:36,326円(税込)
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209出典: Amazon
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-209
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
36,480円(税込)
楽天市場
36,326円(税込)
Yahoo!
ショッピング
39,073円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

バーチャル3Dサラウンド技術の「DTS Virtual:X」に対応しており、前後左右に加え高さ方向の音場も表現できます。

Wi-Fi搭載で音声アシスタントにより話しかけるだけで簡単にテレビスピーカー本体の操作や音楽再生ができます。

サイズW930×H62×D109mm
重さ2.7kg
チャンネル数-
サブウーファー数1
3

お手頃な価格で高い機能

SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500

参考価格:36,473円(税込)
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500出典: Amazon
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-X8500
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
36,656円(税込)
楽天市場
36,842円(税込)
Yahoo!
ショッピング
36,473円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

HT-X9000Fに機能は少し劣りますが2万円ほど安くなりますが、十分立体音響を楽しむことができます。

業界標準の「ドルビーアトモス」に対応しています。SONY独自の「Vertical Surround Engine」を搭載しており高さ方向を加えたサラウンドサウンドを創出できます。また、「S-Force Pro Front Surround」も搭載しています。

サイズW890×H64×D96mm
重さ3.1kg
チャンネル数2.1ch
サブウーファー数-

テレビスピーカーおすすめランキングTOP3【省スペースに最適】

ここでは省スペース仕様のテレビスピーカーのおすすめを紹介していきます。

1

業界最小クラスの高機能スピーカー

Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01

参考価格:34,464円(税込)
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01出典: Amazon
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB01
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
34,932円(税込)
楽天市場
34,464円(税込)
Yahoo!
ショッピング
37,800円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

幅43cm、高さ5.2cmというサイズは業界最小クラス。幅が狭いおかげで24型の液晶テレビでも問題なく利用できます。

4K対応レコーダーなどの機器から受け取った4K/HDRの映像信号をテレビに送信できたり、ハイレゾやBluetoothにも対応しているためスマートフォンの音楽を楽しむこともできます。「ドルビーアトモス」の立体音響対応でサラウンドの再現性もバッチリ。

サイズ約W430×H52×D130mm
重さ約1.8kg
チャンネル数2.1ch
サブウーファー数-
2

40型テレビに丁度いい小型サイズ

SONY(ソニー) / サウンドバー HT-S200F

参考価格:22,131円(税込)
SONY(ソニー) / サウンドバー HT-S200F出典: Yahoo!ショッピング
  • SONY(ソニー) / サウンドバー HT-S200F
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
22,131円(税込)
楽天市場
22,133円(税込)
Yahoo!
ショッピング
23,500円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

幅は64cmの小型サイズで40型の液晶テレビに丁度いいサイズ。小さいながらサブウーファーを内蔵し、パワフルな低音を出すことができます。

また、スピーカーの多くは音量を小さくすると音質が落ちてしまいますが、「サウンドオプティマイザー」という機能により小音量でも高音質を実現。

他にもボタン1つで映画、音楽、人の声を聞き取りやすくする音声モードにするリモコンが付属しています。シンプルな見た目で、部屋の雰囲気に合わせて白と黒の2色から選べるのも特徴です。

サイズW580xH64xD95mm
重さ3.5kg
チャンネル数2.1ch
サブウーファー数-
3

VIERAならスタンドの足に収まる

Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200

参考価格:15,288円(税込)
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200出典: Amazon
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
  • Panasonic(パナソニック) / シアターバー SC-HTB200
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
15,900円(税込)
楽天市場
15,288円(税込)
Yahoo!
ショッピング
16,918円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

幅が45cmの小型サイズ。省スペースでも置きやすいことに加えて、パナソニック製の液晶テレビ「VIERA(ビエラ)」とのセット使いなら、スタンドの足に収まります。

Bluetooth対応でスマートフォンのワイヤレスでの再生や実用出力80Wのパワフルな再生も可能です。

サイズW450×H51×D135mm
重さ約1.6kg
チャンネル数2ch
サブウーファー数-

テレビスピーカーおすすめランキングTOP3【コスパ抜群】

あまり高いお金をかけずにそこそこ高い機能を体感したい方、初めてテレビスピーカーを使う方におすすめのコスパ抜群のテレビスピーカーをご紹介します。

1

多機能で選べばコスパトップ

YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109

参考価格:22,357円(税込)
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109出典: Amazon
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
  • YAMAHA(ヤマハ) / フロントサラウンドシステム YAS-109
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
22,357円(税込)
楽天市場
22,700円(税込)
Yahoo!
ショッピング
23,990円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

バーチャル3Dサラウンド技術の「DTS Virtual:X」を搭載し、前後左右に加え、高さ方向の音場も再現できます。シンプルで洗練されたデザインでありながら、デュアルサブウーファーを内蔵し、爽快なフルレンジサウンドを提供。

Wi-Fi内蔵で「AmazonAlexa」に対応しているため音声アシスタントも利用できかなり多くの機能を体験できます。多機能で選べばコスパトップのテレビスピーカーです。

サイズW890×H53×D131mm
重さ3.4kg
チャンネル数-
サブウーファー数1
2

コンパクトで良質なサウンドを再現

Bose(ボーズ) / Solo 5 TV sound system

参考価格:30,390円(税込)
Bose(ボーズ) / Solo 5 TV sound system出典: Amazon
Bose(ボーズ) / Solo 5 TV sound system出典: Amazon
  • Bose(ボーズ) / Solo 5 TV sound system
  • Bose(ボーズ) / Solo 5 TV sound system
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
30,390円(税込)
Yahoo!
ショッピング
35,220円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

コンパクトな一体型スピーカーで良質なサウンドを再現。テレビのスピーカーでは再現が難しかった音をボーズ独自の技術によりクリアに再生します。

また「ダイアログモード」を選択すれば、ニュースやトーク番組のスピーチなど人の声を明確に聞き取れるようになるため、音量調節する必要がないのも特徴です。

高額なテレビスピーカーの中ではお手頃な価格帯であることもおすすめです。

サイズW54.8×H7.0×D8.6cm
重さ1.69kg
チャンネル数-
サブウーファー数-
3

同等の機能を持つ他社より高コスパ

JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1

参考価格:59,980円(税込)
JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1出典: Amazon
JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1出典: Amazon
JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1出典: Amazon
JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1出典: Amazon
JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1出典: Amazon
  • JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1
  • JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1
  • JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1
  • JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1
  • JBL(ジェイビーエル) / Bar 3.1
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
70,284円(税込)
楽天市場
59,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
61,856円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

3.1chでセンターチャンネルを搭載しており、人の声をよりクリアに再生することができます。

最大出力は450Wとパワフルな音を出すことが可能な上、立体的な臨場感を得られるJBLサラウンドサウンドとの組み合わせにより、映画や音楽を最高の音質で楽しむことができます。

圧巻の低音を実現するワイヤレスサブウーファー、クリアな音質と、サウンドについて他社に比べてコスパが良い点もおすすめです。

サイズW1018×H58×D78mm
重さ2.3kg
チャンネル数3.1ch
サブウーファー数1

テレビスピーカーおすすめランキングTOP3【Wi-Fi 内臓】

Wi-Fi内臓スピーカーは無線LANによってデータを受け取りますが、伝送できるデータ量が大きいため、高音質な再生が可能になります。

テレビの音声だけでなくハイレゾ音源を再生する場合や音楽ストリーミングサービスを利用する場合は、Wi-Fi内臓のテレビスピーカーをおすすめします。

それではWi-Fi内蔵のテレビスピーカーのおすすめをご紹介します。

1

映画より音楽を楽しみたい人に

DENON(デノン) / HEOS HomeCinema

参考価格:19,197円(税込)
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
DENON(デノン) / HEOS HomeCinema出典: Amazon
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
  • DENON(デノン) / HEOS HomeCinema
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
55,500円(税込)
楽天市場
81,480円(税込)
Yahoo!
ショッピング
19,197円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

デノンが発売しているWi-Fiオーディオ向けのホームネットワーク機能を一体化したテレビスピーカーです。

4K Ultra HDビデオに対応するHDMI入出力端子を装備。また、ARC(オーディオ・リターン・チャンネル)に対応しているため、ケーブルを追加して接続することなくテレビの音声を楽しめます。

定額音楽ストリーミングサービスに対応しており、映画よりもリスニング目当ての人におすすめです。

サイズW1018×H86×D104mm
重さ3.1kg
チャンネル数2.1ch
サブウーファー数1
2

Amazon Alexaを搭載

Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500

参考価格:56,630円(税込)
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500出典: Amazon
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500出典: Amazon
Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500出典: Amazon
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500
  • Bose(ボーズ) / SOUNDBAR 500
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
56,655円(税込)
楽天市場
56,630円(税込)
Yahoo!
ショッピング
72,600円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

インテリアに溶け込むスタイリッシュかつスリムなデザインになっているため、テレビの下にすっきり収まります。

Wi-Fiと共に音声アシスタントの「Amazon Alexa」を搭載したユニークなテレビスピーカー。マイクが8つある独自アレイ構造のため、大音量で音楽を聴いていても、話し声を正しく認識します。

Amazon MusicやSpotifyといった音楽配信サービスが利用でき、ニュースや天気予報なども声で操作して確認することができます。

サイズW80×H4.44×D10.16cm
重さ3.18kg
チャンネル数-
サブウーファー数-
3

端末の圧縮音源を高音質で聴ける

YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408

参考価格:49,800円(税込)
YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408出典: Amazon
YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408出典: 楽天市場
YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408出典: Yahoo!ショッピング
  • YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408
  • YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408
  • YAMAHA(ヤマハ) / MusicCast BAR 400 YAS-408
カートアイコンこのテレビスピーカーの詳細を見る
Amazon
52,661円(税込)
楽天市場
49,800円(税込)
Yahoo!
ショッピング
53,870円(税込)
説明アイコン
なぜこのテレビスピーカーが選ばれたのか

MusicCast BAR 400は、高さ6cmのスリムなバータイプのセンターユニットと、好きな場所に設置できる細身のワイヤレスサブウーファーで構成されています。

専用アプリの「MusicCast CONTROLLER」を使えば、スマートフォンから簡単に音楽コンテンツやインターネットラジオの再生が可能。

ヤマハ独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」によって、モバイル端末などからの圧縮音源を高音質で聴くことができます。

サイズW980×H60×D110.5mm
重さ2.7kg
チャンネル数-
サブウーファー数1

テレビスピーカーおすすめメーカーの特徴

テレビスピーカーを販売しているメーカーにはSONY、ヤマハ、BOSEなどが挙げられますが、それぞれに特徴があります。

そこで、オーディオの専門家である折原さんが人気のメーカーをピックアップし、各メーカーのテレビスピーカーの特徴を紹介します。

SONY(ソニー)

SONYは自社開発のサラウンド技術でフロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現する「S-Force Proフロントサラウンド」が特徴の有力ブランドです。

入門モデルの「HT-S350」から、ハイレゾ対応の高音質に対応した「HT-Z9F」や「HT-ST5000」まで幅広く販売しています。日本のブランドらしくテレビと共に置けるようなサイズに設計されているのが特徴です。


▶ハイレゾについて詳しく知りたい方はこちらの記事をチェック!

音の専門家・麻倉怜士氏がハイレゾの魅力を語る!ファイル形式の解説つき
音の専門家・麻倉怜士氏がハイレゾの魅力を語る!ファイル形式の解説つき
好きな音楽をより高音質で楽しみたい!そんな人たちに熱く支持されている高音質音源「ハイレゾ」。 CDよりも音質が良いってことは知っているけど、そのそもハイレゾって何?そんな素朴な疑問をお持ちの皆さんに、ハイレゾの仕組み&魅力を徹底解説! オーディオ・デジタルメディア評論家の肩書をもち、津田塾大学で音楽理論を教える大学講師でもある麻倉怜士氏に、音質の違いやハイレゾの素晴らしさを語っていただきました。

ヤマハ

日本の老舗ホームシアターブランドで、近年は入門機種の「YAS-109」にも立体音響を取り入れて人気です。
日本のブランドらしくテレビと共に設置しやすい薄型のデザインも特徴です。

BOSE(ボーズ)

5.1chのホームシアターの時代から定番のホームシアターブランドで、米国流の迫力のあるサウンドと自社開発のオーディオ技術が特徴です。

小型一体型テレビスピーカーの火付け役となった「Solo」やスマートスピーカーの機能が一体となっている「Soundbar 500/700」シリーズを展開させたテレビスピーカーのトレンドリーダーでもあります。

JBL(ジェービーエル)

米国の老舗オーディオブランドのJBLはテレビスピーカーでは新参者ですが、高音質のスピーカーと独自開発のサラウンド技術を使い「BAR STUDIO」や「BAR 3.1」を始めとするカジュアルなテレビスピーカーを展開しています。

Panasonic(パナソニック)

パナソニックの製品のいちばんの特徴は徹底した小型サイズの展開です。最小のモデル「SC-HTB200」は幅が43cmしかないため40型テレビと組み合わせても見た目がマッチします。

小型サイズでも立体音響を体感することができます。高級モデルではパナソニックのHi-Fi オーディオ製品のブランドであるテクニクスによる「Tuned by Technics」サウンドの高音質仕様になっています。

テレビスピーカーのサウンドモードを用途によって使い分けよう!

テレビスピーカーの画像

テレビスピーカーは用途によって適切なサウンドモードがあります。
ここでは折原さんにシチュエーション別におすすめのサウンドモードを紹介してもらいます。

ホームシアターを楽しみたいとき

映画を楽しむときには標準モードではなく、映画モードシネマモードに設定されることをおすすめします。

これらのモードを使うことで音空間が広がり、より臨場感を出すことができます。

ただし、サブウーファーの重低音が出過ぎた場合は近所迷惑になることもあるので、うまく調整する必要があります。

ニュースやトーク番組を見ているとき

ニュースやトーク番組を見るときは、人の話す声がはっきりと聞き取れることが重要になってきます。

テレビスピーカーにはボイスモードクアボイスなどの名称で、人の声だけをクリアにする機能がついているものがあります。また、専用のニュースモードを搭載しているメーカーもありますので、各モードを選択しましょう。

スポーツ観戦をしているとき

スポーツを観戦するときは、スタジアムの歓声を再現することによる臨場感が求められる一方で、アナウンサーの実況はハッキリ聞こえた方がベター。

スポーツモードのある機種を使うことにより、包み込まれる音の臨場感を再現できます。

まとめ

この記事では、メーカーごとのテレビスピーカーの特徴、選ぶポイント、用途に合わせたおすすめのテレビスピーカーを紹介しました。

テレビスピーカーの購入を検討されている皆さんの役に立てれば幸いです。


▶テレビを新しくしたい方は、こちらの記事もチェック!

テレビおすすめ13選|家電ライター藤山哲人のランキング付!フルHDや4K・8Kも
テレビおすすめ13選|家電ライター藤山哲人のランキング付!フルHDや4K・8Kも
2018年12月1日からBS・CSで4K8K放送が始まり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、各家電メーカーが4K8Kテレビを続々発売しています。来年以降もさらにその波はヒートアップしていくことでしょう。 果たして私たちは4Kテレビの波に乗った方がいいのでしょうか?それとも、現状のテレビのままでも良いのでしょうか? うちのテレビは今のままで大丈夫でしょうか?と、さながら進路相談に来た保護者の心持ちですが、専門家の意見を聞きながら、買い替えを視野に入れたテレビ選びをしていこうではないか、もし気に入ったテレビが見つかれば、この機会に買おうではないか、という欲張りなテンションでおすすめテレビをご紹介していきます。
はっしー
この記事のライター
はっしー
個人でブログを運営しつつライティングもしています。

個人でブログを運営しつつライティングもしています。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
  • シェア
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
モノレコをフォローして
最新記事を受け取ろう!
↓↓

あわせて読みたい

PC・スマホ・通信機器の新着記事

ゲーミングPCおすすめ25選|eアスリートによるジャンル別ランキング【選び方も】
ゲーミングPCおすすめ25選|eアスリートによるジャンル別ランキング【選び方も】
タブレットおすすめ13選|ガジェットライターが用途別にランキング【2019版】
タブレットおすすめ13選|ガジェットライターが用途別にランキング【2019版】
PCモニターおすすめ25選|人気機種をランキングで紹介&メーカーの特徴も【2019】
PCモニターおすすめ25選|人気機種をランキングで紹介&メーカーの特徴も【2019】

PC・スマホ・通信機器の人気記事ランキング

無線LANルーターおすすめ14選|プロによるランキングや選び方&気になる寿命も1
無線LANルーターおすすめ14選|プロによるランキングや選び方&気になる寿命も
トラックボールおすすめ12選|家電ライター・藤山哲人がランキング&選び方を解説2
トラックボールおすすめ12選|家電ライター・藤山哲人がランキング&選び方を解説
ドライブレコーダーおすすめ15選|選び方や機能別ランキング付き【2019年版】3
ドライブレコーダーおすすめ15選|選び方や機能別ランキング付き【2019年版】

新着記事

ドッグフードおすすめ15選|小動物介護士が子犬・成犬・シニア犬別にランキングで紹介NEW
ドッグフードおすすめ15選|小動物介護士が子犬・成犬・シニア犬別にランキングで紹介
ペット用品
ピーラーおすすめ15選|切れ味を徹底検証!【千切りも試してみました】NEW
ピーラーおすすめ15選|切れ味を徹底検証!【千切りも試してみました】
キッチン用品・キッチン家電
サントリーボスラテベース6種類を飲み比べ!編集部で作ったアレンジレシピも紹介NEW
サントリーボスラテベース6種類を飲み比べ!編集部で作ったアレンジレシピも紹介
ドリンク・フード

人気記事ランキング

ファンデーション【40代向け】おすすめ25選|悩みランキングや2019新作を紹介1
ファンデーション【40代向け】おすすめ25選|悩みランキングや2019新作を紹介
ビューティー
柔軟剤人気ランキングTOP15!【編集部からのタイプ別おすすめも紹介】2
柔軟剤人気ランキングTOP15!【編集部からのタイプ別おすすめも紹介】
日用品・生活雑貨
スチームアイロンおすすめ15選【編集部で実際に試しました!】3
スチームアイロンおすすめ15選【編集部で実際に試しました!】
生活家電
お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。