1. モノレコ by Ameba ホーム
  2. ビューティー
  3. 乳液 おすすめ
  4. 今話題の乳液洗顔って?肌をいたわりながらクレンジング!やり方も紹介

今話題の乳液洗顔って?肌をいたわりながらクレンジング!やり方も紹介

  • Facebookシェア
  • LINE
  • ツイート
  • はてブ
  • note

CONTENTS

目次
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
寒川あゆみのプロフィール画像
寒川あゆみ
「private salon Laule'a」オーナー、美容家

大阪谷町九丁目エステサロンprivate salon Laule'a代表。自身のコンプレックスから美容、エステティックの道へ。サロン業界の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。

大阪谷町九丁目エステサロンprivate salon Laule'a代表。自身のコンプレックスから美容、エステティックの道へ。サロン業界の他、講師、美容家、美容ライターとして多岐に渡り活動中。

今話題の乳液洗顔とは?

SNSでよく目にする乳液洗顔。クレンジングや洗顔フォームで顔を洗うと肌のうるおいまで取りすぎてしまい、かえって乾燥するように感じてしまうという方に向いている洗顔法です。

乳液洗顔の効果について

乳液洗顔の効果は、肌表面の古い角質を柔らかくすること。

また、乳液には油分が含まれているため、しみたりピリピリしたりという状態を軽減しやすくするほか、油分により不要な汚れも浮かしてくれます。

しかし、洗浄力はそこまで高いわけではないため、濃いメイクなどは落ちにくいことも。

乾燥肌や敏感肌、また、肌荒れがひどくクレンジングや洗顔フォームなど何もかもが肌にしみる状態のときは、乳液洗顔も1つの方法といえるでしょう。

乳液洗顔の手順

寒川さん直伝!乳液洗顔の手順を紹介していきます。ぜひ今日から実践してみてください!

  • 乳液を少し多めに手に取り、顔全体に広げます。乳液の量が少ないと肌と手が摩擦を起こしてしまうので、必ず多めに取りましょう。
  • 頬、フェイスライン、鼻周り、おでこといった広い部分を中心に汚れを浮かせます。こすらないように注意!
  • 角質やザラつきが気になる部分をクルクルと優しくマッサージします。
  • 冷たい水またはぬるま湯で丁寧に洗い流します。そのあとは通常のスキンケア(化粧水、美容液、乳液、クリームなど)をおこなってください。

まとめ

常識を覆す新しい洗顔法、乳液洗顔。乳液を洗顔料として使うなんてなんだかもったいなく感じるかもしれません。しかし、SNSで評判とあらば試してみたいですよね!

通常のクレンジングや洗顔で肌がピリピリしたり乾燥してしまったりする方は、ぜひともこの乳液洗顔を試してみてください。

パックおすすめ11選|エステサロンオーナーが厳選!毎日にも特別な日にも【高保湿/汚れすっきり】
パックおすすめ11選|エステサロンオーナーが厳選!毎日にも特別な日にも【高保湿/汚れすっきり】
化粧水おすすめ11選|プチプラからデパコスまで!乾燥肌や敏感肌などタイプ別に紹介
化粧水おすすめ11選|プチプラからデパコスまで!乾燥肌や敏感肌などタイプ別に紹介

クレンジングの関連記事一覧

ブランド別の記事はこちら

その他の記事はこちら

スキンケアの関連記事一覧

使い方の記事はこちら

スキンケアの記事はこちら

化粧水の記事はこちら

その他の記事はこちら

検索アイコン「乳液洗顔」を
もっと探したい方はこちら!
さらに他の商品を探したい方は
こちらをチェック!
まえじま
この記事のライター
まえじま
ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

ビューティー、グルメ、ライフスタイル用品など、ジャンルを問わず執筆。お菓子の家に住むことに憧れる夢見がちな食いしん坊ライター。ファッションや美容にお金を使いすぎる傾向あり。ハマったらとことん追求するが、冷めた瞬間驚くほど興味がなくなりすべての記憶をなくしてしまう性格を治したいと思い続けて十数年。ほかにもアイドルやアニメ、動物、深海生物、古いもの、お菓子づくりなど、いろいろなことに興味津々。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
↓↓
モノレコ by Amebaをフォローして
最新記事を受け取ろう!

あわせて読みたい

ビューティーの新着記事

ビューティーの人気記事ランキング

新着記事

人気記事ランキング

お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。