1. モノレコ(MONORECO) ホーム
  2. TV・カメラ・オーディオ
  3. ラジカセおすすめ20選|レトロから最新まで機能別にランキングで紹介

ラジカセおすすめ20選|レトロから最新まで機能別にランキングで紹介

  • シェア
    0
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
    0

目次アイコン目次

CONTENTS
鉛筆アイコンこの記事を監修した専門家
たろっさ
たろっさ
現役家電販売員兼家電ライター
家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。
家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

家電量販店、家電情報ブログ「家電損をしない買い方をプロの販売員が教えます」を運営するプロの現役家電販売員。学生時代から家電に対する並々ならぬ興味を持ち、アルバイトを経てそのまま家電量販店の道へと進んで15年弱。個人で年間2億円を売り上げ、数々の法人内コンテスト等で表彰された経験も。 家電アドバイザーの資格を有し、家電と名の付く物全てに精通。家電で分からないことはなく、現在は家電ライターの業務を通して「すべての人が平等に良い家電に巡り会える機会の提供」に尽力。

ラジカセおすすめ一覧

今回の記事でご紹介するおすすめはこちら!

※この表で使用されている商品画像は同記事内で引用しています。

ラジカセおすすめ一覧画像

今すぐおすすめラジカセを見る

ラジカセとは

青いラジカセの画像

ラジカセとは、ラジオカセットレコーダーの略で、発売当初はラジオの受信とカセットテープの再生ができるオーディオ 機器でした。

技術の進歩により、ラジカセはラジオやカセットテープだけでなく、CD、MD、SDカード、SUBメモリー、Bluetooth接続など、さまざまなメディアへの対応が可能になりました。

また、多くの機能が搭載されたモデルも発売され、昔ながらの純粋なラジカセは少なくなっています。

メリット
  • コンポやサウンドシステムと比べて、リーズナブルでお手軽に使用できる
  • 持ち運びやすく、乾電池や内蔵バッテリーで電源供給できる製品も多いので、屋外などの電源がない場所での使用が可能
  • 高機能なタイプからシンプルなタイプまであるので、選択肢の幅が広く、使う人にあったものを選ぶことができる
デメリット
  • コンポやサウンドシステムと比べると音質が悪い
  • 本体が小さいので、音のボリュームに欠ける場合がある

ラジカセの選び方

ラジカセを選ぶ場合にチェックしてほしい大切なポイントをご紹介します。

  • 用途で選ぶ
    ひと口にラジカセといっても、対応しているメディアはさまざまです。代表的なタイプを挙げると、ラジオ+カセット、ラジオ+CD、ラジオ+カセット+CD、ラジオ+カセット+CD+レコードなどのバリエーションがあります。

    また、SDカードやUSBメモリーを使用できるラジカセや、Bluetooth接続でスマートフォンやパソコンに保存した音楽を再生することができるラジカセもあります。

    一般的に、対応メディアが少ないほど本体のサイズがコンパクトになり、扱いやすくなりますので、使用したいメディアを考えて選んでください。

  • 機能で選ぶ
    自分の好きな音楽で目を覚ますことができる目覚まし機能、語学学習に最適なA-Bリピート機能スピードコントロール機能、カラオケ好きにおすすめなボーカルダウン機能エコー機能、アナログのカセットテープをデジタルのSDカードに録音できるものなどがあります。ラジカセには多様な機能がありますので、自分が使いたい機能を確認しておきましょう。

  • 大きさで選ぶ
    一般的に本体のサイズが大きいほどスピーカーも大きくなり、音質はよくなりますが、持ち運びが大変になります。

    反対に、本体サイズが小さくなると、持ち運びに適していますが、音質が低下する傾向にあります。

    据え置きで使用するのか、持ち運んで使用するのかによって適した大きさは変わってきますので、ラジカセの用途や使う場所を考えて本体のサイズを選ようにしてください。

ラジカセおすすめ20選|レトロから最新まで機能別にランキングで紹介

シルバーのラジカセの画像

現役家電販売員兼家電ライターのたろっささんがおすすめするラジカセを高コスパタイプレトロタイプ高音質タイプBluetooth機能付きタイプに分けて、ランキング形式でご紹介します。

ラジカセおすすめランキングTOP5【高コスパタイプ】

まずは、高コスパタイプのおすすめをご紹介します。

1

カセットテープを安心して使用できる

WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200

参考価格:2,865円(税込)
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像1出典: Amazon
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像2出典: Amazon
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像3出典: Amazon
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像4出典: Amazon
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像5出典: Yahoo!ショッピング
WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像6出典: 楽天市場
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像1
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像2
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像3
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像4
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像5
  • WINTECH(ウィンテック) / FMワイドバンド対応 SCT-M200の画像6
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
2,865円(税込)
楽天市場
3,980円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,213円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

ウィンテックのモノラルラジカセです。小型で持ち運びに便利な本製品は、安価ながらもラジオ受信(AM・FM・ワイドFM)とカセットテープ(録音・再生)に対応。高音質でAMラジオを視聴することができます。ボタンが少ないシンプルなデザインなので、機械操作が苦手な方におすすめです。

オートストップ機能搭載なので、大切なカセットテープでも安心して使うことができます。また、内蔵マイク搭載なので、外出先でスピーチの練習や歌の練習にもおすすめです。ACアダプタ付属のため、購入してすぐに使うことができます。

サイズW:20×D:6.5×H:10.7cm
重量約430g
電源AC100V、単1乾電池×3本
2

ワンタッチで迫力の重低音

オーム電機 / AudioComm RCS-351Z

参考価格:2,613円(税込)
オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像1出典: 楽天市場
オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像2出典: 楽天市場
オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像3出典: Yahoo!ショッピング
  • オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像1
  • オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像2
  • オーム電機 / AudioComm RCS-351Zの画像3
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
7,121円(税込)
楽天市場
2,613円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,613円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

古くから存在する日本の家電・オーディオ メーカーのオーム電機のラジカセです。対応メディアは、ラジオ(AM・FM・ワイドFM)とカセットテープだけというシンプルな仕様。お求めやすい価格なのに、ダブルスピーカーのステレオタイプなので、非常にコスパに優れています。

重低音にこだわったラジカセで、ラジオやカセットテープを聞いている時に「重低音ボタン」を押すだけで、低音が強調され迫力のある音声を楽しむことがでます。

また、録音マイクが内蔵されているため、カセットテープへの吹き込みが非常に簡単におこなえるのも魅力的です。

サイズW:29.1×D:9.2×H:12.7cm(突起物含まず)
重量約1.3Kg
電源AC100V(50/60Hz)、DC6V単1形乾電池×4本
3

ラジオの受信感度に自信あり

クマザキエイム / CR-999USD

参考価格:3,210円(税込)
クマザキエイム / CR-999USDの画像1出典: Yahoo!ショッピング
クマザキエイム / CR-999USDの画像2出典: Yahoo!ショッピング
  • クマザキエイム / CR-999USDの画像1
  • クマザキエイム / CR-999USDの画像2
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
楽天市場
3,210円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,278円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

コストを意識しながらも、すぐれた製品を世に送り出しているクマザキエイムのラジカセです。

外見は昔ながらのラジカセですが、ラジオ受信(AM・FM・ワイドFM)、カセットテープ(録音・再生)だけでなく、SDカード、USBメモリーなど幅広いメディアに対応したラジカセです。

また、ロッドアンテナを備えているため、ラジオの受信感度が良好なので、ラジオをよく聴く方におすすめです。

サイズ1.3kg
重量約1.3kg
電源AC100V(50/60Hz)、DC6V(単一形×4個)
4

昔ながらのシンプルなラジカセ

TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7

参考価格:4,128円(税込)
TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像1出典: Amazon
TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像2出典: 楽天市場
TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像3出典: 楽天市場
TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像4出典: Yahoo!ショッピング
  • TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像1
  • TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像2
  • TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像3
  • TOSHIBA(東芝) / CDラジカセ TY-CDS7の画像4
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
4,970円(税込)
楽天市場
4,479円(税込)
Yahoo!
ショッピング
4,128円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

老舗の国内メーカー東芝の大口径スピーカーを搭載しているCDラジカセで、迫力のサウンドを楽しむことができます。外部マイク端子を搭載しているので、カラオケや拡声器として使用することもできます。

ラジオ(AM・FM・ワイドFM)、カセットテープ、CDに対応した昔ながらのシンプルなラジカセなので、パソコン操作が苦手な人には扱いやすいラジカセです。また、大きなボタンでメディアの切り替えが簡単にできる操作性もポイントです。

サイズW:30×D:21.2×H:11.5cm
重量約1.8kg
電源AC100V(50/60Hz/DC9V)、単2形乾電池×6本
5

音と連動して光るスピーカー

ホノベ電機 / BOOS HNB-PS2501

参考価格:3,201円(税込)
ホノベ電機 / BOOS HNB-PS2501の画像1出典: 楽天市場
ホノベ電機 / BOOS HNB-PS2501の画像2出典: Yahoo!ショッピング
  • ホノベ電機 / BOOS HNB-PS2501の画像1
  • ホノベ電機 / BOOS HNB-PS2501の画像2
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
楽天市場
3,201円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,850円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

古くから大阪で設備などを製造してきたホノベ電機のポータブルスピーカーで、FMラジオの受信や、SDカード、SDHCカード、USBメモリーなど複数のメディアの再生に対応しています。

電源供給は内蔵バッテリーで、本製品とパソコンを専用のUSBケーブルで繋ぐことによって充電可能。約5時間で満充電となり、最大約4時間の音楽再生が可能です。充電式のコンパクトボディなので、持ち運びにおすすめです。

音と連動してイルミネーションが光るポータブルスピーカーなので、一人での使用はもちろん、パーティーやバーベキューなど人が集まる場所で使用すると非常に盛り上がります。

サイズW:18×D:16.5×H:18.5cm
重量約1.2kg
電源DC5V

ラジカセおすすめランキングTOP5【レトロタイプ】

続いて、レトロタイプのおすすめをご紹介します。

1

アナログとデジタルの融合

DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2

参考価格:5,804円(税込)
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像1出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像2出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像3出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像4出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像5出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像6出典: Yahoo!ショッピング
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像1
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像2
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像3
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像4
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像5
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI SCR-B2の画像6
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
5,804円(税込)
楽天市場
6,380円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,458円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

80年代を彷彿とさせるフォルムのラジカセです。形はレトロでもデジタルとアナログを融合させており、カセットテープ以外にもSDカードやUSBメモリー、Bluetooth接続によるスマートフォンやパソコンとの連携といった現代的な機能を搭載しているラジカセです。

存在感のあるデザインなので、部屋のアクセントにもなる非常に良い製品です。なお、使用可能なSDカードおよびUSBカードは16GB以下となりますので、ご注意ください。

サイズW:31.7×D:9.5×H:11.5cm(突起物含む)
重量約1.2kg
電源AC100V(50/60Hz)、単1形乾電池×4本(別売)
2

携帯性にすぐれたラジカセ

WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225

参考価格:4,480円(税込)
WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像1出典: Amazon
WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像2出典: Yahoo!ショッピング
WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像3出典: 楽天市場
  • WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像1
  • WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像2
  • WINTECH(ウィンテック) / USB録音対応ラジカセ SCT-R225の画像3
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
4,480円(税込)
楽天市場
6,420円(税込)
Yahoo!
ショッピング
7,109円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

非常に小さくコンパクトなラジカセです。カバンの中に入れて持ち歩けるサイズなため、どこに行くにも持っていきやすいのが大きな魅力。

ラジオ(AM・FM)の受信とカセットテープ(録音・再生)のみ対応。また、マイク内蔵に加えて、microSDカード、USBメモリーに録音を行えるため、お稽古事や備忘録として録音する習慣が身につきます。

「手軽に持ち運べるラジカセがほしい」という方や、「複雑な機能が多くて困っている」という方におすすめです。昔ながらのクラシカルなデザインもポイントです。

サイズW:18.8×D:9.8×H:3.6cm
重量約406g
電源AC100V(DCアダプター6V)、単3乾電池4本使用(別売)
3

懐かしいデザインのCDラジカセ

TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BK

参考価格:4,870円(税込)
TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像1出典: Amazon
TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像2出典: Amazon
TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像3出典: Amazon
TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像4出典: Amazon
TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像5出典: Yahoo!ショッピング
  • TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像1
  • TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像2
  • TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像3
  • TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像4
  • TEES(ティーズ) / CDラジカセデッキ TS-CD838-BKの画像5
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
4,870円(税込)
Yahoo!
ショッピング
6,049円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

平成初頭を思い出すような、ずっしりと重量感のあるCDラジカセです。交流で電池でもどちらでも使用できるダブル電源、ワイドFM対応ラジオ、CD-R再生可能と、必要な機能はひと通り備えており、懐かしい気持ちになりながらカセット操作をおこなえます。

Φ3.5mmステレオピンジャックを搭載しているMP3プレイヤー、パソコン、スマートフォンなどと別売りのオーディオケーブルを接続すると、本製品を通して音楽の再生が可能です。

また、スピーカーの出力が1.5W+1.5Wの3W出力のため、迫力のサウンドを体感することができます。

サイズW:29×D:23.8×H:14.1cm
重量1.8kg
電源AC100V(50/60H)、DC9V(単2形乾電池×4本)
4

世代を選ばないユニバーサルデザイン

KOIZUMI(コイズミ) / CDラジオ SAD-4705/R

参考価格:3,896円(税込)
KOIZUMI(コイズミ) / CDラジオ SAD-4705/Rの画像1出典: Amazon
KOIZUMI(コイズミ) / CDラジオ SAD-4705/Rの画像2出典: Yahoo!ショッピング
  • KOIZUMI(コイズミ) / CDラジオ SAD-4705/Rの画像1
  • KOIZUMI(コイズミ) / CDラジオ SAD-4705/Rの画像2
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
4,273円(税込)
楽天市場
3,896円(税込)
Yahoo!
ショッピング
3,899円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

大きなボタンに大きな液晶といった、誰でも使えるユニバーサルデザインが特徴的なCDラジオです。AM・FMのアナログチューニングやダイヤル式の音量調整など、昔ながらの操作性と使いやすさを両立しているので、若い方から年配の方まで幅広い世代の方におすすめのラジカセです。

また、CDの曲順を自由にプログラムして、自分好みのプレイリストをセットしたり、外部入力に対応しているので、スピーカーの代わりに使用するなど便利な機能も搭載しています。

サイズW:25.2×D:12.7×H:20.3cm
重量約1.4kg
電源AC100V(50/60Hz)、単2形アルカリ乾電池×6本
5

語学学習に特化したラジカセ

Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BT

参考価格:12,211円(税込)
Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像1出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像2出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像3出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像4出典: Yahoo!ショッピング
  • Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像1
  • Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像2
  • Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像3
  • Panasonic(パナソニック) / ポータブルステレオCD RX-D70BTの画像4
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
12,211円(税込)
楽天市場
13,748円(税込)
Yahoo!
ショッピング
15,311円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

本製品の最大の特徴は、語学学習に欠かせないリピーティング(音声を聴き終えてから発音する練習)とシャドーイング(音声を聴きながら追いかけるように発音する練習)という2つの練習方法に対応していることです。リスニング力やスピーキング力だけでなく、発音・イントネーション・リズムなどを語学に必要な能力を身につけるのにピッタリのラジカセです。

CD、ラジオ(AM・FM)、USBメモリーなどのメディアだけでなく、Bluetooth接続によりスマートフォンなどの音楽再生が可能です。ラジオやCDの音源は、USBメモリーに録音することが可能で、語学学習用のコンテンツをUSBメモリーに録音して持ち運ぶこともできます。

また、迫力あるサウンドの「フルレンジスピーカー」や、人の音声帯域を強調し、ニュースなど人の声が聴き取りやすくなる「快聴音機能」を搭載しています。

サイズW:31×D:20.5×H:12.8cm
重量約3.1kg(乾電池含む)
電源AC100V(50/60Hz)、乾電池/DC9V(単1形乾電池6個)

ラジカセおすすめランキングTOP5【高音質タイプ】

続いて、高音質タイプのおすすめをご紹介します。

1

失われた音を機械的に復元して再生

TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1

参考価格:20,999円(税込)
TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像1出典: Amazon
TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像2出典: Amazon
TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像3出典: Yahoo!ショッピング
  • TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像1
  • TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像2
  • TOSHIBA(東芝) / ハイレゾ対応SD/USB/CDラジカセ Aurex TY-AK1の画像3
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
20,999円(税込)
楽天市場
21,234円(税込)
Yahoo!
ショッピング
22,440円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

ハイレゾ対応のハイグレード機種ラジカセです。 USBメモリーやSDカードなどに記録されているハイレゾ音源の再生はもちろん、カセットテープやCD音源も優秀なアップコンバート機能により、失われた音を機械的に復元し、音質を可能な限り上げて再生できます。 40Wのスピーカーシステムを搭載しており、音質に対して隙がありません。

また、「ボーカルダウン機能」や「エコー機能」も充実しているため、高音質でカラオケを楽しみたい方にもおすすめです。

サイズW:35×D:21.8×H:12.6cm(突起物含まず)
重量約3.0kg
電源AC100V(50/60Hz)
2

音質が抜きん出たミニコンポ

Panasonic(パナソニック) / SC-RS60

参考価格:21,708円(税込)
Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像1出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像2出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像3出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像4出典: Amazon
Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像5出典: Yahoo!ショッピング
  • Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像1
  • Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像2
  • Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像3
  • Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像4
  • Panasonic(パナソニック) / SC-RS60の画像5
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
21,708円(税込)
楽天市場
25,344円(税込)
Yahoo!
ショッピング
31,710円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

Panasonicのハイレゾ対応ミニコンポです。従来のクリアで自然な音の表現を可能にする「クリアサラウンド」に加え、新たに「MP3 リ.マスター」の搭載。また、コンデンサーをグレードアップすることにより、さらなる高音質が実現しました。

高さ107mmの低背設計なので、棚の中やテレビボードなど、一般的なラジカセやコンポでは設置できない場所への設置が可能。落ち着いた色合いと極力無駄を省いたデザインなので、お部屋のインテリアになじみます。

ラジオ、CD、USBメモリー、Bluetooth接続だけでなく、本体にCDアルバム5枚を2倍速で録音できる「デジタル5チェンジャー」を搭載。CDを入れ替えすることなく、お気に入りの音楽を聴くことができます。また、USBメモリーにハイレゾ音源を保存しておけば、簡単にハイレゾ音源を楽しむことができます。

この1台で擬似サラウンドもおこなえるので、音質という点では非常に抜きん出た製品です。

サイズW:45×D:24.5×H:10.7cm
重量約3.1kg
電源AC100V(50/60Hz)
3

徹底的に無駄を省いたデザイン

SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CD

参考価格:17,885円(税込)
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像1出典: Amazon
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像2出典: Amazon
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像3出典: Amazon
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像4出典: Amazon
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像5出典: Amazon
SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像6出典: Yahoo!ショッピング
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像1
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像2
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像3
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像4
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像5
  • SONY(ソニー) / マルチコネクトコンポ CMT-X5CDの画像6
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
17,885円(税込)
楽天市場
19,479円(税込)
Yahoo!
ショッピング
18,639円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

SONYのコンパクト型ワンボックスタイプのコンポです。シンプルで徹底的に無駄を省いたフォルムは、音波が反射する回折現象を減少させ、不要な音の干渉を防ぐ音響効果あります。また、操作はタッチパネル式なので、余分な凹凸がなく、長方形のすっきりとしたなデザインが目を引きます。

コンパクトサイズながら、MRC振動板を採用した「フルレンジスピーカー」と「パッシブラジエーター」により、低音から高音まで迫力あるサウンドで再生。室内で臨場感のあるサウンドを楽しむことができます。

ラジオ、CD、USBメモリーはもちろん、Bluetooth対応なので、スマートフォンやパソコン、PlayStationVita、Bluetooth搭載ウォークマンなど、さまざまなメディアの音源をワイヤレスで高音質に楽しむことができます。

サイズW:38.5×D:81×H:17.8cm
重量2.7 kg
電源-
4

スピーカーが最適な音質に自動調整

Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IV

参考価格:75,810円(税込)
Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像1出典: Amazon
Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像2出典: Amazon
Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像3出典: Amazon
Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像4出典: 楽天市場
Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像5出典: Yahoo!ショッピング
  • Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像1
  • Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像2
  • Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像3
  • Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像4
  • Bose(ボーズ) / Wave SoundTouch music system IVの画像5
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
77,000円(税込)
楽天市場
75,810円(税込)
Yahoo!
ショッピング
77,000円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

アメリカの有名音響メーカー、ボーズのオール・イン・ワン・スピーカーシステムです。CDやラジオだけでなく、Wi-FiやBluetoothにも対応しているので、無料のSoundTouchアプリを使用することによって、インターネットラジオ、パソコンやスマートフォンに保存した音源などをワイヤレスで楽しむことができます。

Amazon Echo DotなどのAlexa対応機器に話しかけることによって、SoundTouchスピーカーを操作することも可能です。「多機能なので初期設定が大変なのでは?」と不安を感じるかもしれませんが、アプリに表示された手順通りに進めれば、わずか数分でセットアップが完了します。

ボーズ独自の技術により、再生する音源にあわせてスピーカーが最適な音質に自動調整してくれるため、すべて機械任せで大型ステレオのようないい音を聞くことができます。

オーディオ業界を一変させたことで高い評価を得た「ウェーブガイドスピーカーテクノロジー」は、高い品質のサウンドを部屋の隅々まで届けることができます。

サイズW:36.8×D:22.1×H:14.2cm
重量4.5kg
電源AC100V(50/60Hz)
5

低音と高音のバランスが良い

KENWOOD(ケンウッド) / オーディオシステム CLX-50

参考価格:13,200円(税込)
KENWOOD(ケンウッド) / オーディオシステム CLX-50の画像1出典: Amazon
KENWOOD(ケンウッド) / オーディオシステム CLX-50の画像2出典: Yahoo!ショッピング
  • KENWOOD(ケンウッド) / オーディオシステム CLX-50の画像1
  • KENWOOD(ケンウッド) / オーディオシステム CLX-50の画像2
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
13,200円(税込)
楽天市場
13,520円(税込)
Yahoo!
ショッピング
14,950円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

現在はJVCと業務提携をおこなっている国内メーカー、ケンウッドのオーディオシステムです。低音と高音のバランスが良く、メリハリのあるサウンドを楽しむことができるのが特徴です。小型で持ち運びしやすく、使用する場所を選ばないのも大きなポイント。

ラジオ(AM・FM)、CD、USBメモリー、Bluetooth接続、PC INなど多数のメディアに対応。特にPC INやUSBメモリーではハイレゾ音源の再生に、Bluetooth接続は高音質コーデックAACの再生に対応しています。

Android用アプリ「KENWOOD Audio Control BR1」をインストールすると、スマートフォンから録音・再生・音量調節・電源のオンオフ・タイマー設定など、さまざまな機能が使用できます。

また、リモコンが搭載されていますので、多少離れていても手元で操作ができるのが便利です。

サイズW:38×D:19.2×H:13.5cm
重量
電源

ラジカセおすすめランキングTOP5【Bluetooth機能付き】

最後は、Bluetooth機能付きラジカセのランキングです。

1

多機能で使い勝手のいいCDラジオ

SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BT

参考価格:11,977円(税込)
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像1出典: Amazon
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像2出典: Amazon
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像3出典: Amazon
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像4出典: Amazon
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像5出典: Amazon
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像6出典: Yahoo!ショッピング
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像7出典: 楽天市場
SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像8出典: 楽天市場
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像1
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像2
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像3
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像4
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像5
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像6
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像7
  • SONY(ソニー) / 多機能ラジカセ ZS-RS81BTの画像8
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
12,827円(税込)
楽天市場
11,977円(税込)
Yahoo!
ショッピング
12,815円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

SONYのさまざまな機能が搭載されたCDラジオです。音量を上げても音がひずみにくく、小音でも迫力ある低音を実現する「MEGA BASS」や、USBメモリー、SDカードへの録音やBluetooth機器接続、音程を変えずにピッチを変えるデジタルピッチコントロール、聴きたい場所だけをリピートできるA-Bリピートなど、使い切れないくらいの機能が盛りだくさん。音楽を聞く以外にも語学学習や教材使用など幅広く使用できます。

NFC搭載のスマートフォンやタブレットなどの端末の場合、ワンタッチでペアリング・接続・切断・接続切り替えが可能。また、Bluetoothの設定が簡単で、一度登録すれば、本機にタッチするだけで、電源を入れて音楽を再生できます。高音質で多機能なのにリーズナブルと、非常にコスパのいいラジカセです。

サイズW:13.3×D:21.5×H:32cm
重量約2.7Kg
電源AC100V(50/60Hz)、単2形乾電池6本(別売)
2

持ち運びに特化した手のひらサイズ

DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1

参考価格:2,981円(税込)
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像1出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像2出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像3出典: Amazon
DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像4出典: Yahoo!ショッピング
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像1
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像2
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像3
  • DOSHISHA(ドウシシャ) / SANSUI MSR-1の画像4
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
3,514円(税込)
楽天市場
2,981円(税込)
Yahoo!
ショッピング
2,981円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

持ち運びに特化した手のひらサイズのラジカセです。一見すると、50年代テイストの古いラジオのようですが、AM・FMラジオがついており、FMラジオはワイドFMにも対応。また、microSDカード、USBメモリー、Bluetooth接続など、最新のメディアにも対応しています。

パッシブラジエターを搭載しているので、奥行きのある低音域の再生を可能にしました。レトロなデザインで現代的な機能を利用したい方におすすめのラジカセです。

電源供給方法は内蔵リチウムバッテリーのみで、USB充電アダプターは付属していませんので、ご使用の際は別売りのAC100V50/60Hz出力 5V1A以上のACアダプターをご用意ください。

サイズW:15.8×D:10.6×H:9.9cm
重量約0.55kg
電源内蔵充電池(リチウムイオン電池)、3.7V(2200mAh)
3

ツイーター搭載で高音部を高音再生

AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50

参考価格:7,300円(税込)
AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像1出典: Amazon
AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像2出典: Amazon
AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像3出典: Amazon
AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像4出典: Yahoo!ショッピング
AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像5出典: 楽天市場
  • AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像1
  • AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像2
  • AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像3
  • AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像4
  • AIWA(アイワ) / CDデジタルレコーダーCR-BUE50の画像5
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
7,300円(税込)
楽天市場
8,338円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,119円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

ラジオ、CD、USBメモリー、Bluetooth接続に対応したラジカセです。ツイーター(スピーカーシステムの高音部を受け持つユニットのこと)搭載しているので、サウンドの高音部を高音質で再生が可能です。

「A-Bリピート機能」や「スピードコントロール」を搭載しているので、語学学習や楽器の練習にピッタリ。昔ながらの懐かしいデザインで、汎用性の高い機種です。

サイズW:15.2×D:22.7×H:34cm
重量約2.1kg
電源AC100V(50/60Hz/DC12V)、単2形乾電池×8個(電池別売)
4

高音質モデルのハイグレード機種

TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90

参考価格:8,585円(税込)
TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像1出典: 楽天市場
TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像2出典: Amazon
TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像3出典: Amazon
TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像4出典: Yahoo!ショッピング
  • TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像1
  • TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像2
  • TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像3
  • TOSHIBA(東芝) / SD/USB/CDラジオ TY-CWX90の画像4
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
8,999円(税込)
楽天市場
8,585円(税込)
Yahoo!
ショッピング
8,901円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

6W出力の高音質モデルのラジカセです。ラジオ、CD、SDカード、USBメモリー、Bluetooth接続など、さまざまな形式に対応。ワンタッチでBluetooth接続できるNFC対応により、スマートフォンなどに保存した音楽を手軽に高音質のスピーカーで聴くことができます。

また、前回停止した続きから再生できる「レジューム再生機能」を搭載。現在では珍しいこの機能は、オーディオブックなどの再生に最適です。

最長120分の「スリープタイマー」、指定した時間に自動再生される「めざまし再生」、最大10件までラジオ番組を予約録音できる「タイマー録音」という3つのタイマーがあなたの生活を快適にサポート。

便利な多機能リモコン付きで、SDカードとUSBメモリーの双方向で録音が可能と、ハイグレードな機種となっています。

サイズW:31.6×D:21.5×H:13cm
重量約2.2kg
電源AC100V(50/60Hz)、単2形乾電池×6本(別売)
5

壁掛け設置で室内を広く有効活用

KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341

参考価格:9,999円(税込)
KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像1出典: Amazon
KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像2出典: 楽天市場
KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像3出典: Yahoo!ショッピング
  • KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像1
  • KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像2
  • KOIZUMI(コイズミ) / ステレオCDシステム SDB-4341の画像3
カートアイコンこのラジカセの詳細を見る
Amazon
9,999円(税込)
楽天市場
10,500円(税込)
Yahoo!
ショッピング
11,880円(税込)
説明アイコン
なぜこのラジカセが選ばれたのか

KOIZUMIのBluetooth対応ステレオシステムです。奥行きが非常に小さく、厚さが薄くなっているため、テーブルに置くだけでなく、壁に掛けて室内を広く有効に活用することができます。

ラジオ(AM・FM)、CDに対応というシンプルなラジカセですが、好きな位置に配置しやすいため、Bluetooth接続をした際でも音源の場所を選びやすいのがポイントです。

また、スリープ機能やアラーム機能を搭載しているので、おやすみ前にリラックスタイムを過ごしたり、お好みの音楽で目覚めることができます。

サイズW:31.8×D:57×H:14.7cm
重量0.97kg
電源ACアダプター、AC100V(50/60Hz)、単3形アルカリ乾電池×6本(別売)

おもなラジカセメーカーの特徴紹介

ラジカセの画像

ラジカセには、各メーカーごとに得意としている分野や機能があります。そこで、おもなラジカセメーカーの特徴をご紹介します。

SONY

SDカードやBluetooth接続などの現代的な機能がついた機種が多く、デザインも一見するとラジカセに見えないようなデザイン性の高い機種が多い傾向にあります。

また、デジタル音源に強く、さまざまなフォーマットの形式に対応しているのも特徴です。

東芝

CDラジオやラジカセなど、さまざまなコンセプトの製品をラインナップしています。本体サイズはコンパクトながら、スピーカーの出力が高く、非常に音質が良好。カラーバリエーション豊富なモデルが多いのが特徴です。

Panasonic

ラインナップこそ少ないものの、松下電工の時代からラジカセをリリースしてきた古参メーカーです。

近年では、語学学習に効果的なリピーティングやシャドーイングに対応した機種を発売するなど、幅広いニーズに対応しています。

WINTECH

廣華物産という中国資本のメーカーです。徹底したローコスト化を意識し、コストパフォーマンスにすぐれた商品をリリースしています。

CD+ダブルカセットなどの昔懐かしい機種もあり、ラジカセをリーズナブルに購入したい方におすすめです。

KOIZUMI

調理家電や生活家電をはじめとした、さまざまな便利家電を世に送り出している国産メーカーです。

カラオケ用のマイク付きのラジカセや、コンパクトで持ち運びやすいタイプ、年配の方にも使いやすい大型液晶搭載モデルなど、多様なニーズにしっかり応えてくれるメーカーです。

まとめ

ラジカセは、古くからラジオや音楽を楽しむオーディオ機器として身近な存在でした。ラジカセは、オーディオ機器の進歩や多様化にともない減少していますが、今なお根強いファンがいます。

機能や性能だけでなく、デザイン面でも選択肢が多いラジカセは、使う人それぞれにピッタリとマッチした商品を選ぶことができます。オーディオ機器を購入の際は、ぜひラジカセを選択肢に入れてみてください。

ピスタチオ
この記事のライター
ピスタチオ
温泉と焚き火とコーヒーと調べ物をこよなく愛するアラフォーライターです。キャンプに行って、温泉につかったあと、焚き火の前でコーヒーを飲みながらスマホで調べ物をしている時が至福の時間。

温泉と焚き火とコーヒーと調べ物をこよなく愛するアラフォーライターです。キャンプに行って、温泉につかったあと、焚き火の前でコーヒーを飲みながらスマホで調べ物をしている時が至福の時間。

この記事が気に入ったらシェアしよう!
  • シェア
  • はてブ
  • ツイート
  • はてブ
モノレコをフォローして
最新記事を受け取ろう!
↓↓

あわせて読みたい

TV・カメラ・オーディオの新着記事

【2019年】ワイヤレスイヤホンおすすめ26選|防水・高音質などランキングで発表!
【2019年】ワイヤレスイヤホンおすすめ26選|防水・高音質などランキングで発表!
三脚おすすめ13選|スマホ用から本格モデルまでカメラマンが解説【2019年版】
三脚おすすめ13選|スマホ用から本格モデルまでカメラマンが解説【2019年版】
ヘッドホンおすすめ20選|オーディオライターがランキングで紹介【2019】
ヘッドホンおすすめ20選|オーディオライターがランキングで紹介【2019】

TV・カメラ・オーディオの人気記事ランキング

【2019年】ワイヤレスイヤホンおすすめ26選|防水・高音質などランキングで発表!1
【2019年】ワイヤレスイヤホンおすすめ26選|防水・高音質などランキングで発表!
テレビおすすめ13選|家電ライター藤山哲人のランキング付!フルHDや4K・8Kも2
テレビおすすめ13選|家電ライター藤山哲人のランキング付!フルHDや4K・8Kも
イヤホンおすすめ21選|オーディオ専門家のランキング付き【2019年版】3
イヤホンおすすめ21選|オーディオ専門家のランキング付き【2019年版】

新着記事

ヨーグルトおすすめ35選|口コミ付きランキング!人気メーカーなどから紹介NEW
ヨーグルトおすすめ35選|口コミ付きランキング!人気メーカーなどから紹介
ドリンク・フード
お取り寄せスイーツおすすめ26選|おしゃれで可愛いデザインから高級品まで紹介NEW
お取り寄せスイーツおすすめ26選|おしゃれで可愛いデザインから高級品まで紹介
ドリンク・フード
ミドリムシサプリおすすめ18選|医師監修!ユーグレナの効果効能や選び方を紹介NEW
ミドリムシサプリおすすめ18選|医師監修!ユーグレナの効果効能や選び方を紹介
ヘルスケア

人気記事ランキング

ファンデーション【40代向け】おすすめ26選|悩みランキングや2019新作を紹介1
ファンデーション【40代向け】おすすめ26選|悩みランキングや2019新作を紹介
ビューティー
スチームアイロンおすすめ16選【編集部で実際に試しました!】2
スチームアイロンおすすめ16選【編集部で実際に試しました!】
生活家電
柔軟剤おすすめ人気ランキングTOP15|編集部が厳選したタイプ・悩み別も【2019】3
柔軟剤おすすめ人気ランキングTOP15|編集部が厳選したタイプ・悩み別も【2019】
日用品・生活雑貨
お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。