1. モノレコ(MONORECO) ホーム
  2. キッズ・ベビー
  3. 絵本おすすめ21選【先輩ママ&パパが選ぶ0歳~2歳、3歳向け人気絵本ランキング】
  4. 福音館書店 / きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)

福音館書店 / きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)の
口コミ・評判

参考価格:972円(税込)
説明アイコン

福音館書店 / きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)の説明

金魚鉢のきんぎょがにげた!いったいどこに逃げたのかな。お部屋のカーテン?キャンディーの瓶の中?さいごは…?見つけるそばから逃げるきんぎょに子どもたちも夢中になります。

《口コミ》
・きんぎょだけでなく、「これはなに?」とイラスト内のモノの名前を覚えていました
・指さしを始めたころによく読んで、きんぎょ探しを楽しんでいました

説明アイコン

この商品の詳細

サイズ22×21cm
発売日1982/08/31
作家名
出版社
ブランド福音館書店
カートアイコンこの絵本の詳細を見る
Amazon
972円(税込)
楽天市場
4,989円(税込)
Yahoo!
ショッピング
990円(税込)

福音館書店 / きんぎょが にげた (幼児絵本シリーズ)の
口コミ総合評価

更新日:2019.11.13
総合評価
★★★★★★★★★★4.3
子どもの反応
★★★★★★★★★★4.9
丈夫さ
★★★★★★★★★★3.8
ストーリー性
★★★★★★★★★★4.4
コスパ
★★★★★★★★★★4.4

口コミ・評判

口コミ件数:10件
編集部 Pick Up!

楽しく読める

2019.11.13 | 30代 | 女性 | 専業主婦(夫)

口コミ総合評価

★★★★★★★★★★4.7

小さな子どもでも、楽しくわかりやすく、読みすすめられる絵本だと思います。最後まで飽きずにきんぎょをさがして、見つかったらおおよろこびしている姿は他の本ではあまり見ないので、1歳の子どもはもちろん、お兄ちゃんは3歳ですが、いまだに大好きな絵本です。

子どもの反応

★★★★★★★★★★5

毎晩寝る前に1冊本を読んでいるのですが、頻繁に【きんぎょがにげた】を持ってきます。そして、キャーキャーいいながらきんぎょを指差してます。

丈夫さ

★★★★★★★★★★5

買ってから10年程たつのですが、男兄弟で扱いが結構荒いけど、いまだに、わりときれいで丈夫だなぁと感じます。

ストーリー性

★★★★★★★★★★4

きんぎょを探すだけの単純な本ではありますが、簡単なところからはじまり、だんだん探すのが難しくなり、最後はもうにげないよで終わるのがすごく好きです。

コスパ

★★★★★★★★★★5

買ってから10年もずっと丈夫で、話も昔っぽくなく、今でも楽しめているのは、コスパいいなぁと思います。

買う価値がある

2019.11.13 | 40代 | 女性 | 会社員

口コミ総合評価

★★★★★★★★★★3.7

華やかな色使いで目を奪われる構成になっており、色彩についての感覚が育ちます。また、様々なものが出てくることより、者の名前を覚える役にも立ちます。何より、絵の中に隠れた金魚を見つけ出すことで達成感を得られ、多角的に子供が楽しめる構成になっています。

子どもの反応

★★★★★★★★★★5

ぼんやり本を見ているだけだった子が、この絵本では積極的に指差しをはじめました。「なにか」を意識できることを知覚させてくれた初めての絵本でした。

丈夫さ

★★★★★★★★★★3

頑丈さについては普通です。子供は1歳児なので、なめたり折ったりやぶったりしようとしますので、そういったことには特段強いわけではありません。やぶれるし、おれます

ストーリー性

★★★★★★★★★★3

ストーリーはあってないようなものです。一応最後にオチのようなものが用意されていますが、少し大きくなってもしストーリーを追求できるようになれば、ちょっと意味がわからない??ということにもなるかもしれません。

コスパ

★★★★★★★★★★4

1000円程度で繰り返し楽しめますので、コスパが悪いとはいえないと思います。ただ、ほかの本と比べて一般的な値段ですので、本としてのコスパが特に優れているわけではないです。

楽しめる

2019.11.13 | 40代 | 女性 | 専業主婦(夫)

口コミ総合評価

★★★★★★★★★★5.0

逃げた金魚を探す、隠し絵の絵本です。初めて見たときはもちろん、何度読んでも隠れている場所が分かっていても楽しく読みすすめられます。イラストも、はっきりとしていてわかりやすくていいです。色もはっきりとしているので、赤ちゃんにもオススメです。

子どもの反応

★★★★★★★★★★5

ページをめくる度に、隠れている金魚を一生懸命に探し、見つけると嬉しそうに、得意げに教えてくれます。何回読んでも楽しそうです。

丈夫さ

★★★★★★★★★★5

表紙、背表紙共にしっかりとした厚さがあるので、多少手荒に扱っても破れることはありません。大きさも手頃なので、めくるときに破れることは少ないと思います。

ストーリー性

★★★★★★★★★★5

逃げた金魚を探すだけの話と思いきや、最後は、たくさんの仲間たちのいる池に到着し、もう逃げないよというところで終わるのがいいです。

コスパ

★★★★★★★★★★5

千円以下なのに、丈夫なのでコスパはいいと思います。単純な話なので、孫に残しておくということもできると思います。

小さな子にも分かりやすい

2019.11.13 | 30代 | 女性 | 自営業・自由業

口コミ総合評価

★★★★★★★★★★4.7

物語として読むのも良いのですが、絵の中の背景にお菓子や花、またリビングなどの色々な物が描いてあるので、ただ文字を読むだけではなく、背景を指さして「これはなぁに?」や「時計はど~こだ?」など、物の名前を覚えさせるのにもとても役立ちました。

子どもの反応

★★★★★★★★★★5

この本は、寝る前に「今日は何の絵本を読む?」と聞くと、「きんぎょのごほん!」と言って、いつも持って来るぐらいに大のお気に入りになっていたので。

丈夫さ

★★★★★★★★★★4

ハードカバーなので、もし投げたりしても簡単には曲がったりしにくいくらいに丈夫です。普通の使い方をしていると、とても長く持つと思います。ですが、中は普通の紙なので、まだ何でも食べちゃったり力加減ができない年齢の子や、乱暴に扱っちゃう性格の子だと、ボロボロになっちゃうかもしれません。

ストーリー性

★★★★★★★★★★5

水槽の中の金魚が逃げて、どこに行ったかな?あ、みつけた!というとてもシンプルで単純なストーリーなので、小さな子にも分かりやすく、とても良いと思います。

コスパ

★★★★★★★★★★5

定価800円で対象年齢2~4歳と書いてありますが、うちの子の場合、1歳半頃から気にいって読んでいて、もう5歳になりますが未だに読んでいます。字が大きく、文章もとても短いので、ひらがなを覚え始めの時期に読む練習にもとても良いので、とても長く楽しめます。

子供には読みやすい

2019.11.13 | 40代 | 女性 | パート・アルバイト

口コミ総合評価

★★★★★★★★★★4.2

絵本作家の中でも有名な五味太郎さんの絵本ですが、子供の健診の時に役場から頂きました。色使いも鮮やかで、金魚という身近にある動物を間違い探しのように見つけながらページをめくる楽しさがあります。子供と一緒に金魚を探しながら楽しめる本です。

子どもの反応

★★★★★★★★★★5

金魚の色使いが鮮やかで、金魚を探して当てるのがとっても楽しいようでした。何回も繰り返して読んでいました。

丈夫さ

★★★★★★★★★★4

薄すぎず、表紙もしっかりとした材質ですが、やはり子供の力だとページを破ってしまうこともありました。これ以上丈夫なのも難しいかもしれません。

ストーリー性

★★★★★★★★★★4

題名通りの金魚が逃げたなのでどこまで金魚が逃げてどこで捕まえることができたのか分かりやすく書いてあると思いました。

コスパ

★★★★★★★★★★4

妥当な値段であると思います。物価の問題もあるかとは思いますが、材質を考えるとこのお値段が妥当かと思います。

他の商品の口コミ・評判を見る

この商品が紹介されている記事

絵本おすすめ21選【先輩ママ&パパが選ぶ0歳~2歳、3歳向け人気絵本ランキング】
絵本おすすめ21選【先輩ママ&パパが選ぶ0歳~2歳、3歳向け人気絵本ランキング】
キッズ・ベビー
モノレコをフォローして
最新記事を受け取ろう!
↓↓
お知らせアイコン参考価格の表記について

当サイトでは、Amazon、楽天市場、Yahoo!ショッピングの中から、同一商品の価格を比較し、そのうち最も値段の安いものを「参考価格」と定義しております。
また、商品価格(税表記の有無・送料等も含む)は常に変動しており、当サイトへの反映が一部遅延する場合がございますので、最終的な購入価格はリンク先の各ページで改めてご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。